良い学校組織とは? ~~教科書を読み返してみようシリーズ②佐古ら(2011)『学校づくりの組織論』

「組織」として学校をとらえることは、かつて忌み嫌われたこともある。その理由のひとつは、組織の一員として教員をとらえた場合、教員の自律性が損なわれると考えられたためだ。

職階制の導入などが同時に進められたため、そういう縦の統制的な側面が強く意識された時期もある。今でもそういう側面があることは否定されないが、近年は組織として学校をとらえることは基本的に受け入れられている(と思う。)


追記:↑この点には学校段階によってかなりの違いがある気がする。高校は相対的に見て「個」として動く場面が多いかも。

gi01a201502280600

背景には、学校を取り巻く状況が複雑になりすぎて、一人では対処できない問題が増えていることもあるかもしれない。

そもそも論から言えば、組織の成立条件は‘’共通目的と貢献意欲とコミュニケーション‘’であって、程度の差はあっても教員集団がこれらを持たないなんつーことはあまりないんじゃなかろうか。

いずれにせよ、学校を組織としてとらえること自体に異論がはさまれることは、ほとんどなくなった。

いま学校づくり関連の業務を担当していることもあって、改めて学校組織論について学んでいる。

学校組織論の目的は基本的には「よい組織」を目指すことだと思うけれど、そうすると当然想起されるのは「どのような組織がよい組織か」である。

居酒屋トーク的に言えば「そんなもんイロイロだろ」なハナシ。どういう状況下にある学校か、どんな目的を持った学校か、による。
究極的には「子どもが育ってるかどうか」で考えればよい(「育つ」の意味は多様だとしても)ようにも思えるけど、昨今の教員の労働環境の問題も考えると、複雑だ。
例えば、子どもはバンバン育つけど、「子どものため」意識が強すぎて教員がすぐ燃え尽きる。が、リソースが豊富なので、かわりの優秀な教員がすぐ雇えて、引き継ぎもバッチリで子どもは育ち続ける…‘’という学校があったとして、それを「よい学校組織」と言っていいかは微妙だと思う。

つまり子どもが育ってさえいればよいというのは単純すぎるのかもしれない。「どんな組織がよい組織か」は簡単には定められないんじゃないだろか。

この問いは、実践的な関心だけでなく、研究的な関心にも深く結びついている。
端的に言うと、組織に関する研究をしたときに、従属変数を何にするか、という話とつながっている。

これ系の話でよく引き合いに出されるのは、「効果のある学校」研究。

「子どもの育ちは、結局社会経済的状況次第で、学校は無力」という考えを批判的にとらえ、「必ずしもそうではない。社会経済的状況を乗り越える学校はある」という考えのもと、そういう学校の特徴をさぐったという研究。

ただ、この「効果のある学校」研究で従属変数になっていたのが学業達成だったため、それにたいする批判的検討が行われた。つまり、「学校組織が目指すのは学力向上だけじゃないだろ」ということ。「学力があがる学校だけを評価するのはどうなん」、と。

そしてそれらが、「そもそもよい学校組織ってなんなんだろ」論につながる、というわけだ。

確かに映画「みんなの学校」に出てきたような学校は、もちろん学力的な効果もあるだろうけど、あの大空小学校の学校組織がよい組織かどうか考えるのに、「学業達成」だけで見てたら捉えきれないというのはよく分かる。

もっと多様な効果があるだろうし、分析するなら多様な変数が必要だろう。

少し回り道をしたが、改めて考えると、「よい学校組織」ってなんだろか。

ここまで出した話のなかでも、「子どもの育ちを考えても学力だけではないし、そもそもこども以外も見ないとね」と考えられる。

さらに言えば、「こども以外」と言ったときにはまず第一に想定されるのは教員だろうし、あるいは事務職の方や技術員さん、スクールソーシャルワーカーさんなども考えられる。

けど、よく考えれば「よい学校組織」を子どもやら教員などの「ナカの人」だけで考えるのもどうなのよ、とも言える。もっと社会全体にとってどうなのかも考えるべきじゃない?というのは当然あり得る指摘だろうと思う。

とか考えると、人生イロイロ、学校組織もイロイロ、多様な多様性でタヨタヨチーン、、、とか頭が混乱してしまいそうであるが、そんなときに指針になるのが、これまでアカデミックに蓄積されてきた「学校の有効性」モデルである。

学校の有効性モデル論において「良い」と示されているものは、ザッッッッッッッッックリ言うと以下のような学校組織。

<1>目標達成できる学校組織

何を良しとしていいのかさ、分かんないからさ、自分達のたてた目標を達成できるような学校組織がいいんじゃない?

<2>内部の状態が良い学校組織

文化とか、リーダーシップとかコミュニケーションとかさ、組織の内部の状態こそ大事じゃない?

<3>問題のない組織

困難、弱み、トラブルがないことって、大事よね?

<4>リソースやインプットを得られる学校組織

いい生徒を獲得できるとかさ、研究指定えられるとかさ、そこ次第なとこあるよね。

<5>関係者にとって「よい」学校組織

生徒、保護者、教師、管理職や教委とかにとって「良い学校」って感じられることが大事よね。

<6>世の中から見て「よい」学校組織

関係者だけじゃなくてさ、社会から見て「良い」と認められなきゃね。

<7>継続的に改善できる学校組織

外部の変化に対応できたり、組織的な改善ができる学校こそ、いい組織よね。

…という感じ。

もちろん互いに重複はあったりするし、どれかさえ満たせばいいって話じゃない。

とりあえず全部の軸で自組織を評価してみる、とかやってみるといいのかも。

1.目標は達成できてんの?
2.組織内部はどうなん?
3.問題はない?
4.リソースやインプットは十分ゲットできてんの?
5.関係者にとっての満足度はどうなん?
6.世の中的に見てもイイネって思ってもらえるんかな?
7.周りの変化にちゃんと対応できてるん?

とかね。
も少し具体化しないと難しいか。
でも、これって一つの軸で考えるばっかじゃ視野狭くなるよね、とか他に目をむけるきっかけになるかも。

あと、合わせて考えたいのは、その軸が機能しうる「条件」みたいなものもあるということ。
例えば、1は目標が明確でないと意味をなさないし、2は内部とアウトカムの関係が明確な場合に有用。3は他の軸が有効であれば優先度は低くなりうる。。。

そういう意味では、「どの軸で″良さ″を捉えることが有効か」を考えること自体が、「自組織の文脈を振り返り、整理する」ことにつながり、有効かもなぁ。。。

そういうワークショップもやってみたい気がする。

なんてね。

…そんなことを考えていた北海道からの帰り道。
離着陸、上昇降下のあいだって暇ですよね。
無事羽田について、今から羽田大勝軒。

20170903_125333

今回書いた「学校の有効性に関する諸モデル」やそれらの「有用性の条件」については、佐古・曽余田・武井(2011)『学校づくりの組織論』の13頁ぐらいから書かれてます。

詳しくは(正しくは?笑)そちらをご参照ください。

では。

強みをいかす学校づくり :カリキュラム・マネジメント研修

先週、某自治体の教育課程の協議会(高校)におよばれし、講師をしてきました。
マナビラボチームで研修に参加するのは今回が初めて、かつ、コンテンツも刷新して初めてだったので、なかなか緊張度高かったです。

内容のポイントは2つ。

①まずは、「マネジメントを考えるとき、強みを意識しよう」ってこと。ポジティブ心理学とか、AI研修っぽいことをイメージして考えてみました。
例えば、4Dプロセスも紹介してみました。

スクリーンショット 2017-08-24 11.08.37

<参考:山田(2016)「学校のポジティブな組織開発が教職員に与える影響の過程の探求」> 

 
②もうひとつは、「やりたいこと」と「教科横断」の関係。

教科横断のために他教科と連携するのではなく、取り組みたいテーマや育てたい力がありその目的にかなうからこそ教科横断していた、という形がいいんじゃないだろか。
という提案。

行政から示されて、「やらなきゃ」ってなると、得てして手段が目的化してしまうことが多いので、一歩立ち止まろう、という話。

以上2つをポイントにしてやってみました。
これらのポイントを、具体的にどんなワークを通してやったかはまたいつか。

進め方にはまだまだ課題もありましたが、内容は悪くない感じがします。
チームでよりよいコンテンツにしていけたらと思います!!

持続可能な授業研究

先日、とある小学校の校内研修会に参加した。
今後求められる資質能力をふまえ、具体的な提案を含んだ、大変学びに富んだ会だった。
ところで、今回の講師の先生のコメントの中で一番印象に残ったのは次の言葉。

「終わったとき、『あぁ、もっと面白い授業したい』とか『もっと深めたい』と思うような研究しましょう」

ということ。当たり前と言えば当たり前なんだけど、結構そうでない場合も多い。

「『もう二度とやりたくない』と思うような研究ならやめときましょう」

そんなことも言ってらっしゃった。
出来なかったことを指摘しあってボコボコにしたり,形を整えるために莫大な労力をかけたり,そういうことになりがち.そんなんなるなら校内研究も考えもんだよね.

肯首肯首.
肯首肯首肯首.

けむけむにまきまき

「そもそも論から考えよう」というスタンスで話を始めた人が,「クリティカルシンキングって大事ですよね」「レジリエンスって大事ですよね」みたいな,フワッとした言葉でしか説明できなかったり,「▼▼っていう学者が●●って言ってます」みたいなことで何か説明したみたいな感じになってたりすると,聞いてる側としてはやっぱり,けむにまかれたような感じになるよね.

じゃーチミかわりにやってみて,とか言われると困るんだけれども.

イチサンカシャとしてはそんなことを思っちゃった.

平成25年の都道府県別教員年齢構成を出してみた

先日、石川先生のメルマガに記事を書かせていただく機会をいただき、大量採用に関連することを書いた(メルマガのページはこちら)。その際に、石川先生のFBのコメント欄で地域差についての話題が出ていたので、改めて都道府県ごとの年齢構成を出してみた。

対象は小学校教員。データもとは、H25学校教員統計調査。http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001016172
(留意事項①年齢であって経験年数でない。左の山がそのまま採用数を表すわけではない。②比較のため、人数ではなく%で示している)

幾つかの都道府県をピックアップすると、主に下の3群のイメージ

H25年小公教員年齢構成%

A群 都市部。すでに大量退職と大量採用。この時から4年経ってるので、現在は、右の山が小さくなり、左の山が大きく高くなっているだろう。

B群 基本的にはこのまま右にずれていくので、このグラフの数年後からは大量退職と大量採用が訪れると思われる。つまり、これからA群と同じ波が来る。統廃合や少子化の影響は受けるが、極端な山なので、それなりに採用増にはなる。また、行政が先を見越して再任用などの施策で年齢のバランスを考える可能性はあり得るが、だとしてもそれ以上の採用増で若手の割合がかなり高まると思われる。

該当するのは都市部以外のほとんど。実際数えたわけではないが、この群が多数派と思われる。岡山などは、A群とB群の間ぐらいで、右に大きい山、左に小さい山がある感じだった。

C群 FBのコメント欄で話題になっていたところをピックアップ。実際、右に山頂があるけれど、かなりなだらかな状態だった。年齢構成の歪さはかなり小さい。これらの自治体は少し状況が異なる。今後も、統廃合や少子化の影響、また、再任用などの施策で、他府県のような大量採用は起きないかもしれない。一定増はあるだろうが。

グラフに書いた3都道府県以外で言うと、沖縄がこの形だった。話題にあがっていた秋田はどちらかというと、B群に近い形をしていた。

▼▼▼

地域間の差は、主に大量退職・大量採用が訪れる【時期の差】。都市部は少しずつおさまり気味。地方はこれから。ただし、北海道・青森・鹿児島・沖縄あたりは少し特殊な状況。これらの自治体では少しずつ採用増えるし、それも長めに続くと思うが、急激な変化は無いかもしれない。