「先生の夢」って本を読んだ。 ~働き方改革のこと~

「先生の夢」って本を読んだ。10年前の本。
https://www.amazon.co.jp/dp/4902097192

そこにはたまたま、大学院の仲間で、かつ、中学校教員時代の同僚の恩師であるセンセイの言葉がのっていた。

=====
「息子、産まれました。俺に似てヤンチャだから、先生に担任してほしいんだ」泣きそうな気持ちをおさえて「おむでとう」と伝えた。(正確ではないけど、そんな感じ)
=====

みたいな一文があった。
その一節が、帯になっていた。

僕はこの本に糞ほどに感動した。
「あぁ、、、これだよね」と思った。

でも、このセンセイ達の働き方は今で言えばブラックだ。
残業もしまくりだし、ヤンチャな卒業生が自宅に集まる。
働き方改革でいったら、改善の対象であることはまちがいない。

僕は働き方改革のプロジェクトに関わってるけど、どうしていいのか分からなくなる。
このセンセイ達がシラケるような改革で、ほんとにいいんだろうか。
どろどろとした中からなんとか光を見いだしてきたセンセイ達のその働き方をどう考えたらいいんだろうか。

このセンセイ達に会ったら、いまの働き方改革をなんというんだろう。

ほんとに分からなくなる。

いまのままじゃジリ貧なのもよくわかる。
変える必要がある。
これ多分間違いない。
自分の家族の状況を考えても、そう。

とはいえ、みんながシラけるような、これまでを否定するだけの改革じゃ、ただの悲劇でしかない。

どうしたらいいんだろうなぁ。

分からなくなる。

少なくとも、単なる時関数削減とか、業務削減とか、そういうだけではない、重い、重い重い、相当覚悟が必要な改革であること。

その事は自覚していたいと思う。

リフレクションの幅を狭める必要はないんじゃないか:コンティンジェンシーなリフレクション?

ずいぶん時間が経っちゃったけど,昨年11月,横浜あるある会の研究会にお声がけいただいて,「リフレクション」をテーマにワークをさせてもらった.
(参考:青せんこと,青山先生のブログから 〜先生の働き方design研究所〜
    http://aosenn.hatenablog.com/entry/2017/11/13/044819

その際,「教員キャリアの羅針盤を手にする」というテーマもあって,これでもかというほど「自分」にフォーカスをあてるリフレクションをした.
そのことの反動というか,あまりにも自分にスポットライトをあてることを考えすぎたため,そのことにちょっと自ら疑問を持つ時期があった.

「自分」のことばっか考えて,新たな一歩を踏み出せるんだろうか.
それより,手段とか手法を振り返った方が,次の一手を考えやすいのではないか.
つまり,「あーやって駄目だったから,こーやってみよう」系のリフレクションの方が「次の一手」につながりやすいのではないだろうか,ということ.

準備をしながら結構そういう迷いが生じていた状態になってたんだけど,ワーク中は迷いを振り払いつつ自分にめっちゃ焦点あてた.

それでも,やっぱりなんか頭の中に残っていたのか,ワークを終わったあと,ラーメンを食べながら,青せんともそんな話をした(上記ブログ,ラーメンを食べながら…以後)

で,結局思ったこと.色々考えてみたけど「こういうリフレクションが良い」「こういうリフレクションがダメ」というようなこと,決められるんかな,と.(考えた上での当たり前の結論笑)

むしろ,「こういう時はこういう形,ああいう時はああいう形」ではないかと.コンティンジェントな感じ.

リフレクションを色々と整理する軸はあると思うけど,例えば,特定の出来事を振り返るのか/何を振り返るかを考えるところから始めるか,成功体験か失敗体験か,実践や方法について振り返るのと自分について振り返るとか,前提まで掘り返すようなことを求めるかそれともさらっと「この辺が良かったね」くらいにとどめるのか.未来への視点でいうと,「つぎこーしよー」ぐらいのもんか,持論得るぐらいのもんか,具体的アクションプランまでつながえるのか,その辺もあるよね.

とか様々にあると思うんだけど,「リフレクションはこうやるべき」とか「●●がなかったらリフレクションの意味がない」というような形で幅を狭めるのは,かえってどうなんかな.

だったらなんでもいいじゃん,という話ではなく,その時その場で必要とされるリフレクションがあるんじゃないか,と.

曖昧な言い方になるけど,いろんな意味で当人が苦しい時には,ホッとするようなリフレクションがいいだろうし,キャリアや実践の鍵になるような場面では,がっつり掘り下げるようなリフレクションがいいだろうし,何らかの方向性を探っている時期であればそもそも論から考えるようなリフレクションがいいだろうし.

ちょっと単純すぎるけれど,例えばで言えばこんなイメージ.

そんなもんじゃないか,と.

だから,リフレクションのあり方を狭めたくないなと思うし,プラスして,その人のリフレクションに付きそってくれる,その人のことを理解していくれるパートナー,つまり,「今その人に必要とされるリフレクションを判断してくれる人」って大事だなと思う.

アカデミックにいうと,メンターとかそういう存在に近いんかな,

てなことを考えた2月2回目の土曜日.

同じことしてた

先日(と言っても夏頃)ある教育学者の言葉が,2つの立場で全く違うように見えたことがあった.

ある有名な教育学者が,教育原理的な話をされていることがあった.
研究者集団の一員として聞きに行っていたので,頭の中は(今おもえば)研究者モードだったと思う.その時には,話していることの矛盾とか,強引な論の展開とかがどうしても気になってしまった.

でも,現場の先生でその教育学者の言葉を評価する人はとても多い.
なんでだろなーと思って,次にその人の話を聞く時に,中学校教員モードで聞いてみた.

結果,すごく勇気づけられたw
実践者として自分が大切にしたいと思っていながら出来ていなかったこと,そこに改めて気づかされて,これからもっと頑張りたいなという気持ちにさせられた.細かい論理展開とか,全然気にならなかった.
色々な不確実性や迷いがあったり,小さな矛盾を飲み込みながら日々を過ごしている状況においては,そんな細かい矛盾とかよりも,もっと「大きな図」や「太くて確かな軸」を感じさせてくれる方が大事なんじゃないかと思った.

思い返してみると,1回目も2回目も主な対象者は高校の教員だった.そこに勝手に別の立場から参加して,違うモードで聞いてしまったもんだから,なんだか上手くノレなかったんだと思う.おそらく,その方も研究者を主なターゲットした場では,違う話し方をするんだろうし,そこの場に自分が逆に実践者モードで参加したら,多分,「つまらない」と思ってしまうんじゃないだろか.

そして,よく考えてみると,自分が研究を使って教員の方に研修するときも,細かい精緻で正確な知見を語るというより,大きな絵を見せるイメージで一緒に考えた方が良いなと思っているし,その方がマナビにつながっている実感がある.

なんだー,同じことしてたんだな…

誤解してたごめんなさい.

そんなことを考えた2月初めの土曜日.

原稿頑張らねば.

この本が気になっている

この本が気になっておる.

Teachers Leading Educational Reform: The Power of Professional Learning Communities (Teacher Quality and School Development)

Alma Harris / Michelle Jones / Jane B. Huffman 

414weejtqll-_sx331_bo1204203200_

amazonに飛びます

理由は幾つか.

一つは,PLCの最新の話を知りたいということ.

もう一つは日本のPLC論への疑問.日本のPLC論は授業研究や校内研究に偏っている気がする.もう少し広い概念じゃないかと思う.

もう一つは,Teachers Leading Educational Reformというタイトル.最近,スクールリーダーの話をすることが多くて,自分の中に「ほんとにそうかな」が沸きつつある.Educational Reformの主役はTeachers,という話を読みたい.(本当にそういう話かは分からないw)

翻訳の可能性を含めて読んでみたい気がする.(面白ければ,そして,出させてもらえるなら)

 

 

 

ケースメソッド。

今日は麹町でケースメソッドの研修。9.00-18.00ということで、一日ファシり続けて明日のジョーのように真っ白になりました。帰りはiPadとパソコンを会場に置いたまま懇親会にいってしまって、脳みそ豆腐状態でした。

 

(マナビラボフェイスブックより。)

一年前からケースメソッドの勉強をして、なんとか人に体験してもらえるところまで来ました。実はリフレクションでもそこに注目してるなぁと今日の帰りに思ったりしたんですけど、ケースを通じても、「自分を再発見する」というところにフォーカスしているような気がしています。これは、最初にケースの勉強をしはじめたときに感じた可能性とずっと続いてるかもしれません。新しい自分を認識することで明日からの新しい挑戦につながるのかも、と思っています(ちょっと盛り気味)。

アクティブラーニングとか主体的云々のような話が出てきて、広大接続改革の話もあって、マナビの改革は枠組みとしては進むようになったけど、まだまだ全体としては動きは限定的かもしれません。経営学部から教員になりたいと思ったときから、「人が幸せをつかむために力をつけること」のお手伝いをしたいと思ってきましたし、それは学校現場にいて直接かかわってきた時もそうですし、研究者のキャリアでもまったく同じです。色々と問題はあるかもしれないけど、今の教育改革の全体的な方向性としては今の流れは間違ってないように思います。
上に書いたような力をつけられるような教育、ちょっとまるっと表現しますけど、それは主体的に自分らしく生きる力をつける教育であり、それが出来る教員が増えることに貢献していきたい(教師教育)ですし、そういう教員の取り組みがより効果的に持続的に行われる学校であってほしい(教育経営、学校づくり、カリマネ)し、そこに貢献したいです。学校にとって、特に高校にとって組織としてなにかをするのは苦手なんだけど、うえに書いたような教育を、地に足つけて動かしていくような学校づくりに、貢献していきたいです。

今日はまだ通過点というか、スタートラインに立つために、「おんにゅあまーく」と言われて動き出したくらいの段階です。毎度のことながら、中原先生の話やファシリテーションはすごいなと思い、自分はなんだかうわすべりする話もしてしまったなと思うし、できてないことはたくさんあるなと痛感するけど、自分がなんでこの日々の取り組みに情熱を感じられるのか、その意味付けを改めて感じた日でもありました。
この場に立たせてくれた先生や、この場をつくるために関わってくださった方々、そして何より、参加してくださったかたがたに感謝です。

…なんだか、なにかを成し遂げた人の言葉みたいですが、まだ何もしてません。とりあえず今日はおやすみなさい、とか言いそうですが、今日締め切りの記事投稿がまだ終わってないので、おやすまずにいこうと思います。