【参加者募集】カリキュラムづくりを探究する 〜ケースメソッドで考える”探究”のカリキュラムマネジメント

12/8(土)にカリキュラムづくりに関する勉強会をやります!
今回は、ある高校における、探究を事例にしながら、カリキュラムづくりについて考えていきます。単にカリキュラムの中身を考えるだけでなく、それを学校のチームとしてどう実現していくか、といったあたりを含めて、対話し、頭をひねりながら考えていくような時間にしたいと思います。

この研修は今冬に有料版として実施する予定で、今回はそのトライアルになります。モニターとして参加していただき、つまり、このケースを体験していただき、フィードバックをいただける方を募集します。モニターですので、もちろん無料です!!!

興味ある方は、是非、ご応募ください!

===開催概要===

【日 程】 2018年12月8日(土)13:00-18:30
【会 場】 立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区)
※教室は参加確定した方へ後日ご案内します。
【講 師】 町支大祐(立教大学経営学部助教)
【対 象】 高等学校教員、または高等学校教員経験のある方
【募集人数】6名
※但し、参加希望者多数の場合は抽選となります。

===応募方法===

11月12日(月)までに、以下の3点を明記のうえ、《manabi.lab.open@gmail.com》宛てにメールにてお申し込みください。

1.お名前
2.ご所属
3.教員経験年数と、現在の校内での役職
(例:教員15年目、教務主任と社会科の教科主任を担当)

【結果連絡】11/13(火)を目処に参加者を確定し、
ご応募くださった皆様にメールにて結果をお知らせいたします。

===お問い合わせ先===

マナビラボ:担当「町支(ちょうし)」
電話: 03-3985-4544
メール:choshi@rikkyo.ac.jp

あらためて、「感情」

最近、グループワーク系の授業の事後検討会に出てて思うけどグループワークとかを振り返る時には(特に学校の場合には)コルトハーヘンさんの8つの窓ってものすごく有効だなと思う。

スクリーンショット 2018-11-06 15.31.54

特に「感情」に対するフォーカス。わりとあるのが、鍵になりそなフレーズが出ているのに、そこから話が広がりを見せない時。そこを「司会のスキル」とか「対話に慣れてない」って話に持って行きがちだけど、結構「感情」、特に、「怖さ」の影響ってあると思う。

・流れと違いそうな事をいう事への怖さ。
・流れと違う事を言ってしまいそうな時の怖さ。
・みんなの頭に小さなハテナが浮かんでいる時の沈黙の怖さ。

→小さなハテナについて掘り下げるのも、そのまま沈黙しておくのも怖いので、「とりあえず次の人に回す」みたいなことをやっちゃって深まらない。

やっぱり、感情に「も」目を向けるのって大事よね。

とか思いました。

よかったな、なるほどな、やってみよ。

よかったな/なるほどな/やってみよ 

研修が終わった時には、こんな声が出るといいなと思っている。

●「今日の研修に来てよかったな」:研修そのものへの満足
●「なるほどな、○○ってそういうことなんだね」:内容への理解
●「明日から、○○、やってみよ」:○○に対する動機付け

大事な3点。

組織を対象に何かをやってる人の誤爆問題

最近、自分でやってしまった話。
学校組織に関する研究や実践をやっているなかで、色々な人の組織系の話を聞くことが多い。
そこで聞いたことを一般論としてSNSに書いたつもりだったのに、周りの人には僕が所属してる組織の問題として読めてしまう書きぶりになっていた。。。

つまり、組織が持つ一般的な課題を書いたつもりだったのに、僕が自組織について愚痴を言ったかのように読まれてしまった。
原因は、自分自身の言葉の丁寧さの不足、それのみ。
こういうことが起きうることをあらかじめ認識しておくべきだった。

反省。

相模原 経験の少ない教員養成のためのリフレクション

先日、都留文科大学の山辺さんと一緒に、相模原市の学校運営推進者研修に登壇した。
テーマは「経験の少ない教員養成のためのリフレクション」。

毎年、この時期に登壇して4年目になる。
同じテーマで同じメンバーで登壇しており、なんとなく定点観測ができる感じ。

山辺さんも僕も少しずつ立場が変わりながら、
そして、山辺さんも僕も少しずつ、不必要な力みが取れて、
ナチュラルな状態で登壇できるようになってきたと思う。

今回、改めて玉ねぎモデルの話を聞いて、「刺さる」なぁ、と思った。
参加してくださった皆様に、というのもあるが、「自分に」という意味でもある。
自分の使命(自分がこの世界に入る時に決意したこと)や、
強み(言葉にはしづらいw特にブログではw)なり、そういったものを大切にしながら、
でも、外圧もきちんと受け止めながら(←僕はここをカワして生きたくはない)
生きていきたい。

一緒に登壇しながら、改めて思った。

来年度も楽しみである。