月別アーカイブ: 4月 2013

組織になじむこと(組織社会化)

お久しぶりです。なんやかんやで滞ってました。。。

はう。。。

最近の研究の話をしますと、ここ何日かは「組織社会化」についての文献を読んでました。

組織社会化とは、ものすご単純に言うと組織になじむことです。

組織の一員として知るべきことを知り、組織の一員としての振舞いを身に着ける事です。

組織社会化は、若年離職率等が高まる世の中では、重要な事だと思います。

ただ、一方で重要な疑問をなげかけます。

組織に「なじむこと」だけがいいわけではないだろう・組織になじむばかりでは、組織を「変えていこう」とする人が表れないないか。。。

私自身、そう思いました。

しかし、良く考えると、「組織に馴染む事」と「組織を変えていこうとする事」は必ずしも軸の対局ではないですね。

【組織になじんだうえで変えていく】という事もあり得ますよね。

むしろ、【組織になじまずに変えていく】というのは、だいぶ独りよがりな感じがします。

実際、【組織になじんじゃったら、変える事なんか無理だよ!!】って話も分かる気が

しますけど、それだけではないような気もします。

特に、地道な変革が必要とされる機関では、そんな視点も必要だろう、という気がしました。

そんな火曜日の午後。

また研究がんばります。