第七回文教交流会(体罰問題) メモ

昨日は文教交流会でした。

今回は小学校の図書館が会場でした。

初めての試みです。

「学校、懐かしいなぁ」という声もポツポツ聞こえてきました。

さて、今回は「体罰」がテーマでした。

ぶつぶつと思った事を書いたのですが、自分のためのメモとしても残しておこうと思います。
時間ないのでそのまま載せます。

●体罰は懲戒の一種。懲戒ってのは教育的な罰。
●アリナシ的に言えば、体罰以外の懲戒はアリ。体罰はナシ。

◇ただの暴力と体罰とを分ける意味は「教育的意図があるかないか」?意図?
暴力も体罰もナシなので現場的にその違いは意味ないけどね。
整理は必要、と。

●体罰かそれ以外の懲戒かという分かれ目はかなり曖昧
●体罰となるのは、(文科省の通知によれば)身体に対する侵害、肉体的苦痛

↑これだと、力を使って何かをする事が全てダメそうだけど、そうでもない。
体育祭とかで所定の位置につかない子を力で動かすのはアリ。などなど、「力を行使してもアリ」なパターンはいくつかあった。
ただし、境界はかなり曖昧。
例えば、http://blogs.yahoo.co.jp/gta7ca/57658834.htmlの事例。高裁までは「体罰」。最高裁は「体罰でない」。

◇体罰かどうかの判断には「肉体的な侵害」かどうかがあるが、実際の場面では、「頭や心に残せるかどうか」が勝負な感じ。指導が入るってのはそんなイメージ。「頭や心に残す」ことを意識してたらいつのまにか「肉体的」な境界をこえていた・・・みたいな体罰ってある気がする。
どうでもいい話だけど、肉体的な境界をこえていたっていうのは。

●実際の場面での「体罰かどうか」は非常に判断が難しい

 ・周りの子を守ったり、その子自身を守るために、「力」を使う事を「瞬時に」決めなきゃいけない場面がある(「他の選択肢はなかったか。」は、結果論的に)
 ・指導を入れる・刺すという意味でも、「即時に」反応する事が大事
 ・1対1の関係だけでなく、周りの子の目もある
 ⇒ 一瞬で色々な事を判断しなければならない。

◇その場その場での判断はかなり難しい。
  そしてそんな事が毎日起こる…苦しいわぁ
  ただ「その時」以外にもやりうる事がある。

●例えば事前の対策
 ・ケーススタディなどで内面化しておく
 ・「人権感覚」について自分を問い直す機会をもっておく
 ・指導のルール・方針を子供や保護者に伝えておく。
(何かあった時に理解しやすい。誤解を生みにくいことは問題が大きくならないためにも大事)

◇こういった事は「これをやれば防げる」という類のものではない。だから反例もある。だけど、「故に意味がない」という事ではない。こういう事を重ねていくしかない。というか、「これをやれば体罰は防げる」ものはない。

●学校に色々な人が入るようになった難しさ
  臨時講師や外部コーチなど・・・
  「連絡取りあって、こちらで対応」なんてのは言うのは簡単だし、形式状は出来ても
  どこかでほころびが出る。そういう時に事故は起こる。

 ◇そういった人たちとはどこまで情報共有すれば・・・
  「学校でやってほしい事」が増えて、教員は増えなくて、、、
  苦肉の策で外部の人をいれたらこんな問題。

●「なんで怒られてるか」は、子供には分からない事が多い。
・教員が多少演技しながらも、人間的な反応(?)表情とか動作でイヤがっている事を伝える。頭ではなく感情で分からせる。って感じ?
・とにかく「シンプルに」伝える。“人を蹴っちゃダメ”だけ。
・内容を反復させる。無理矢理でも記憶に刻み込ませる。本質的に分かってるかは別としても、心と頭に残させる意味がある。(本質的な理解は後からついてくるかも)
⇒その言葉を保護者に伝えさせる。ただし、担任はその前にこちらから一方入れとく。「こんな指導しました。」みたいな。
–子供が曖昧な言葉で伝えると保護者は誤解しやすい。
–何も事前情報がない中でそんな話が出ると保護者は動揺しやすい。

◇現場には色々なスキルがあるなぁ。

第七回文教交流会(体罰問題) メモ」への1件のフィードバック

  1. ちょっと文章が適当過ぎて、読んだだけの人は「なんじゃこりゃ」かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中