10年次教員研修

しばらく前の事になりますが、某自治体の10年次教員研修に伺いました。
昨年度に引き続いて二回目です。

目的は、 【若手の育成】 をテーマに 【ミドルとしての意識づけ】を行う事です。

言い方を変えると、【育成される側から育成する側に回った事】を伝え、
【若手からミドルに立場が変わった事】を認識してもらう、という事です。

10年目でミドルというと「え?」という感じがするかもしれません。
ちょっと前の常識で言えば、「まだまだ若手」あるいは「若手のなかのお兄さん・お姉さん」
ぐらいかもしれません。
今でも大量退職や大量採用が始まってない自治体では、10年目でも学校内では下から2・3番目
というところもあると思います。

ただ、都市部では違っています。
10年目で、すでに学校内の真ん中近く・真ん中以上になってしまいます。

加えて難しいのは、その世代(か、それよりちょっと上)ぐらいは、採用が非常に少なかった時代です。
つまり、大都市では、10年目ぐらいの数少ない、層の薄いミドル世代が、
大量の初任者・若手を育てなければいけない状況になっているという事です。

これは、非常に難しいことです。

その理由の一つ。
学校の教員の場合、1年目になったとたん、やるべき業務はベテランと一緒です。
時には、ベテランに対して指示をする立場になることもあり、大きな責任をとらねばなりません。

かつては、「大学出てすぐ『先生』とか言われて調子に乗る」なんていう言説もありましたが、
そんなもの今は昔(昔だって本当にあったのか謎ですが)。
能力を超えた責任の重さが仇になり、メンタルを病む人が急増している状況です。

他にもいろいろ難しさはあると思うのですが、とにもかくにも
若手を一人前にし、学校組織の中で前向きに活動してもらえるようになることは
喫緊の課題なのです。

そのためには、ミドルの活躍が欠かせません。
ライフコース研究や社会化エージェントの研究などで言われている通り、
新規参入者の成長を支えるのは、ナナメウエの先輩なのです。

そんなわけで、今回の研修はそういった目的で行われました。

中身としては、細かい話は出来ませんが、ある物を使って「創りながら語る」グループワークを
行ったり、自分たち(の同僚)から得られた調査データをフィードバックしたり、、、

楽しさと真面目さ、希望と苦しみ、それぞれ半々みたいな内容で
退屈しないものだったと思います。

参加者の方々にとって、何かが残る一日になってたらいいなと思います。

yokohama10_blog2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中