教育方法学会 ~メンターチーム研究について発表してきました~

最近、学会の話ばっかりですが。。。

教育方法学会@埼玉大学で発表を行いました。

最近の研究は、「教員人事」関連、「メンタ―チーム」関連、「カリキュラムイノベーション」関連、「地域とともにある学校づくり」関連が4つの柱ですが、今回はメンタ―チーム関連でした。

メンタ―チームについては、色々と関心を持って下さっている先生も多く、

色々な質問をいただきました。

ありがとうございました。

ここからは研究の厳密な話ではなく、個人的な感想ですが、、、

メンターチームの取組みは、これまでのメンタリング(自然発生的な先輩後輩関係・制度としての初任者指導教員)と異なって、わりと良い仕組み(←雑な感想ですいません)だなぁと思います。

まぁ、「若手で手を取り合ってやっていこ」っていう話です。

自然にそういう状態が出来る学校だったり、また、そういうの無しで自立できちゃう人もいると思いますが、そうではない場合も多いです。

『そうではない人にとってのセーフティネット』のような形になっている気がします。

もちろん、色々な問題はありますのでそれらについて目を向けつつ、研究を深めていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中