大量採用時代における若手同士の結びつき ~メンターチームに似た事例~

先日、こんなコラムがありました(産経新聞2013.1.13)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140113/wlf14011307010001-n1.htm

【大阪の教育は輝くのか 第5部・学力向上との闘い(4)完
夜の教室、悩める若手教員「自主勉強会」…急加速する「教員の世代交代」、崩れる“学校の力”】

 教員の世代交代が急速に進む大阪では、いびつな年齢構成がネックとなり、指導力に代表される「学校の力」が危機に瀕している。
 府教委によると、府内の公立学校の教員は50歳以上が4割弱を占め、さらに団塊の世代の大量退職に伴う新規教員の大量採用で20代から30代前半の若手も厚い層をなす。一方で、30代後半から40代の中堅層は極端に薄くなっている。
 たとえば羽曳野市立誉田(こんだ)中学校には昨春採用された新人教員が4人もいる。日々の授業や生徒指導、保護者対応など新人教員がぶつかる壁はさまざまあるが、同校では中堅教員が少なく、若手が気軽に相談できる機会も限られる。墨村未来士(みきお)校長(59)は「マニュアルが通用しない世界で、指導力の継承に支障が出ている」と嘆く。せめて若手が悩みを抱え込まないようにと、日々気を配る。
 そうした積み重ねが及ぼす深刻な影響について、府教委の陰山英男委員長は「ゆとり教育で育った世代が教員になり、熟練者が急速に減っている」と述べて学力低迷の一因にあげた。学力向上の前に指導力低下という壁が立ちはだかることを裏付ける発言だった。

教師力向上に奮闘
 苦悩を深める学校現場だが、指導力の向上とともに家庭や地域の力も積極的に取り入れようとする新たな動きも生まれている。
 晩秋の夕闇が迫る頃、生徒が帰宅して静まりかえった校舎の会議室に明かりがともり、ノートと筆記用具を持参した教員が続々と集まってきた。「授業にのってこない生徒をどう引きつけたらいいのか…」。若手教員が悩みを打ち明け、先輩教員が助言する。熱を帯びた話し合いは夜遅くまで続いた。
教員23人のうち20代が9人を占める大阪府枚方市立山田中学校で、月に1回開かれる自主勉強会。31歳の大沼耕(こう)教諭が昨年5月、授業の指導法などに悩む若手教員のために立ち上げた。
 同時に、生徒の生活習慣改善に家庭の協力を得ようと「学校だより」などで積極的に情報を発信。家庭での学習が困難な生徒には昼休みや放課後、教員が個別指導を行う。切磋琢磨の勉強会と家庭に歩調を合わせた取り組みとの相乗効果で、大沼教諭は「授業風景が一変した」と胸を張る。 

(以下略)

・・・

これまさに、私が研究対象としている自治体と同じ現象です。
今は都市部が中心ですが、これから地方にも広まっていくと考えられています。

大量採用により若手が多い。
しかし、若手が最も頼りにできる「ナナメウエ」の先輩は少ない。
結果、仕事で悩み若手がメンタルをやんだり、離職率が高まる。。。とまでは書かれていませんが、
そういった事にもつながっていく可能性はあると思います。

かつては、自然発生的に先輩後輩関係が築かれていました。
しかし、先ほども書いた年齢構成の問題や、社会状況の変化などから、そういったものが築かれにくくなりました。
そこで、ある程度組織的に背中を押してあげながら、若手同士のつながりを作っていく、
若手同士の勉強会や相互支援組織をつくっていく、というような事が行われています。

我々の研究では、こういった取り組みについて分析しています。

単に仕組みを作っただけでは上手くいくとは限りません。

研究の中からも色々な課題やヒントが見えてきました。

教育方法学会などでこれらについて発表してきましたが今後も研究を続けていきたいと思います。
https://cdai80.wordpress.com/2013/10/06/%E6%95%99%E8%82%B2%E6%96%B9%E6%B3%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A/

上記の記事における枚方市立山田中学校の実践は、我々の対象としているもの(メンターチーム)に近い気がします。

いつか見学にいってみたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中