博士論文

最近、博士論文が世を騒がしてますね。
コピペだとかなんとか。
あるいは引用の形が揃ってないとかなんとか。

しかし、個人的には
「そんなことするはずないよなぁ…」というか、「間違いであってほしい」っていうのが正直な感想です。

文系理系の違いこそあれ、博士論文の意味付けの重さはどの分野でも重いと思います。

たまたま、昨日博士論文通した方と話をしたんですが、その方は執筆に何ヵ月もかけてらっしゃってました。
それでも速いほうで何年もかけて書くことの方が多いです。
執筆自体はその期間でも、もととなる投稿論文の調査なんかから考えたら、全員何年もかけてやってると思います。

かつ、最近はコピペなどの点に対する目は厳しく、例えば東大の教育学研究科だと、こんなものが全員に配られます。
「信頼される論文を書くために」

それから、博士論文は審査も厳しいです。何度も複数人の審査を受けて、それをくぐりぬけてはじめて認められるものです。
コピペの件は、英語の書き方の癖などで気付く可能性も高いと思いつつ、もしかしたらその場では気付かないかもしれません。

でも、引用符の付け方なんかは、普通に審査されてたら発見されて指摘を受けるはずだと思います。

それらを考えたら、あんな博士論文はあり得ない筈です。。。

どういう事なんだろ。

本人がおっしゃってる通り、何かの手違いで下書き段階のものが出たか、

学内に学位・審査を軽視する風潮があるとか。。。

いろんな可能性はあるかと思いますが、今後が気になります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中