ワークショップなどなど:リフレクトル/教師教育学研究会

先週末は二つのワークショップに行きました。

一つは、前のブログにも書いた、プレゼンをブラッシュアップするためのツールに関するイベントです。
http://machiori.jp/modules/report/newsrelease/251/
http://machiori.jp/reflectle/
これは、人のプレゼンを聞きながら、リアルタイムに↑!↓!を記録できるツールです。
(ThrManzaiのグラフみたいな?)
また、その機能が動画撮影と連動していて、プレゼンが終わった後に、
聴衆のイイ!が集中した部分やダメ!が集中した部分を再生する事が出来ます。
それを見ながらプレゼンの振り返りが出来るわけです。

今回はこのツールのお披露目も兼ねたイベントに参加しました。

自分のしゃべりを評価されるというのは、なかなか緊張しました。。。

でも、評価したりされたりするというのは、学びが大きかったです。
他の人のコメントをもらうことはもちろん、コメントをする時も頭を色々と使いました。
評価をすれば、当然その根拠を問われるわけで、「どんなことしゃべろか」と思えば
自然と頭の中が整理されるわけです。

まだまだ色々と改善する点はあるんでしょうが、面白いツールだなと思いました。
教職課程の模擬授業の時とかに使えるんじゃないかと思いまひた。あい。

もう一つは教師教育学研究会。
コルトハーヘンのALACTモデルやコアリフレクションという概念を中心とした、
リアリスティックアプローチという方法論にもとづいて教師教育を実践・研究している団体です。
中原先生諸々のつながりもあって、参加してきました。

途中、ワークショップがあったんですが、
(ちょっと今は思い出せないんですが)教育の「本質的な部分」を抉るような問いでした。
深く深くリフレクションしながら、相互承認や自己認識などを高めていくという事なんだと思います。

先日の全国教育者会議じゃないですが、「自分を知る」という事の重要性をかなり感じていた時期なので
かなり興味深かったです。

今後とも勉強していく事になるかもしれません。

単なる報告みたいですが、最近はこんなことしてます、という事で。

ではでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中