教育ITソリューションEXPOに行ってきた

先週金曜日、ビッグサイトで開催されている教育ITソリューションEXPOに行ってきた。

自分自身はICTはそれほど専門ではない。

というか、疎い方だ。

メモリとハードディスクの違いが答えられず、たまにバカにされたりしているwww

しかし、最近それに関わる人と仲良くなる事が多く、

友人の誘いもあった。

また、再来週内田洋行のNewEducationExpoでしゃべる事もあって

それ系のイベントってどんな感じなんだろ、という興味があり、今回はちょっと行ってみた。

行ってみて驚いたのはその熱気。

ICTって想像以上に盛り上がっているのね。

しかし、こんなこと言ったら怒られるだろうけど、

内容やら商品の殆どには、いまいちピンとこなかったのが正直な感想。

電子黒板やらは、殆どの者がまだどうにも反応とか悪く、

使い勝手がいまいちというか、それについて熟達する労力やコストをかけてまで

やるような事かな。。。と思った。

それらを使った模擬授業も行われていたが、たどたどしいものも多く、

かえって営業上マイナスなんじゃないか、とさえ思った。

反転学習についてもだけど、大学での反転学習はすごく意味が大きいと思うのだが

それ以前、特に小中段階ではどうなんだろうと思った。

教員がビデオ教材を作る事をサポートするものがたくさんあったが、

どうやっても、素人っぽさが出てしまうというか。。。

こんなもの、子どもが家でちゃんと見てくるとは思えないというクオリティ。

反転学習が上手くいくかどうかの鍵は、やっぱり、事前の学習にあると思うんだけど

どうにも良いものがありそうな気がしない。

自分で作ると素人っぽいし、業者が作るとどうも痒いところに手が届かないというか

通り一遍ぽいものになるか、妙にアニメっぽい子供だまし感の強いものになるか

そんな気がする。

一緒に同行した友人は『Eテレ』ほどクオリティの高いものになれば別だが・・・

と言っていた。確かに。

というか、Eテレは反転学習用の番組とか作っちゃえばいいと思うんだが。

すでにあるのかな。

知らんけど。

いずれにしても、なんだかピンと来なかった。

こんな事言ってたら時代から遅れていっちゃうかな。

まぁいいや、そちらの専門ではないので。

しかし、これからもなんやかんや関わると思うので、

一定程度勉強が必要だという事は感じた。

いくつか良かったこと。

・大学におけるMOOCについて概論を聞けて良かった。

・LEGO Educationは面白そうだった。

かつてレゴのこと書いた事もありました。

作って語るという話でした。

この前見たやつでは、レゴで作って、それを写真にとって漫画風にコメント入れて語る、

みたいな事してました。面白そうでした。

・あとは、久しぶりに佐藤昌宏さんにお会いしたこと。

ちらっとでしたが。

御発表を聞けなかったのが残念でした。

もともと文教交流会でお会いしたんですが、

その時は佐藤さんのご専門とは関係ない内容だったので

佐藤さんのガチ専門のお話をうかがいたかったです。。。

そんなこんなで、つらつらと適当に感想を書いてみました。

おしゃまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中