歴史の因果ってどこまで教えるべきなんやろね。ガチでやると細かすぎるしね。。。という話。

歴史の因果を教える事について。

今現在、ある出来事の因果関係について、歴史学の最先端でわかっていることが10あるとする。

ただ、それは、学生が学ぶには複雑すぎたりするので、教科書では1しか説明していないとする。

そんな時、教員が意欲的に教材研究をすすめ、授業を作り、教科書をこえて3まで教えたとする。

そうすると、こんなつっこみがきたりする。

「それは単純化しすぎじゃないですか。残りの7はどうなるんですか」

たしかに、10教えられたらいいんだけどね。

でも、そんな時間もないし、それに耐えられるだけの能力も児童生徒は持ってなかったりする。

だいたい、その意欲的な取組みをしなけりゃ1しか教えられないじゃん。

残りの9はどうなんの???

 

とは思う。

 

でも、自ら教科書をこえて教えるという事は、その内容に責任が発生するという事。

教科書どおりに1しか教えなければ、その内容について授業者が責任を問われる事は無い。だって教科書の通りおしえただけだから。

でも、自分の意志で範囲を広げたなら、その広げたことに責任を持たなきゃいけない。

7捨象してる事に責任を持たなきゃいけない。

確かに。

 

ただ、1をこえて3教えるってことは、それは、「3で終わりだよ」って言ってるわけじゃない。

 

1から3に増やす方法を教えるんだと思う。

そうすれば、今の時点では3までしか分からなくても、いつか、3から10に増やす事が出来るかもしれない。

 

教科書に載ってる事は、どうやったって受け身の学習になる。

そこに答えが書いてあるから。

教科書だけで教わった子は、いつまでも1のままだろう。

自分で獲得できないから。

 

教員が導きながらも、自らの力で1から3に増やす事が出来れば、いつか、自分の力でそれ以上の部分をつかみとれるかもしれない。

そういうことだとおもう。

 

1だけ教わった子たち、自分で歴史を獲得した事のない子が、ネットで、より自分たちにとって心地よい歴史解釈を目にすれば、無批判にそちらに傾くんだろう。

きっと。

 

話しそれた。

まとめると。

子どもたちがいつか10に到達する可能性を高めようとすると、その場で10を教えない事の責任を取らなきゃいけない。という感じ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中