【教採】五分間の模擬授業で出来る事【面接】

———————————-
◆関連記事
▶︎【教採】事前準備できる模擬授業【2次】
▶︎【教採】集団討論と個人面接【個人面接】
▶︎【教採】面接模擬 ・・・教員採用試験対策【対話】
▶︎【教採】カテゴリ
———————————-
【以下、本文】

こんばんみ。
ちょうしです。

今年も、縁あって教採対策の模擬面接に立ち会える機会を頂きました。

今日そのなかで感じた事の一つ。
5分間の模擬授業の難しさ。
なにしろ、やれることが少ない。
テーマを与えられてからの考える時間が短い。
上手い授業展開が「降りて」くるとは限らない。

今となっては、よくもまぁあんなん切り抜けたなと自分で自分をほめてあげたいと思った。
確か、テーマは「挨拶」でやった気がする。

という思ひ出話はおいといて。

今日見て思ったことを勝手に整理してみました。
正しいかどうかは分かりやせんが、徒然と。。。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

まず、5分でどこまで出来るかという事。

導入→<問い・テーマ・目的の提示>→展開

この三つが出来れば最高。
ただ、そこまで思いつきそうもなけりゃ三つのうち二つになるパターンもありえる。

そのとき、後ろの二つをやるのは、なかなか考えもの。
最初にテーマを提示する事になる。
「今日は●●をやります」から始める授業。
そして内容の説明。

・・・これって、面白くない授業の典型?という気がする。

悪くはないのかもしれないし、無難だし、やりやすいし、構想時間短いからこんな形になるのは分かるけれど、でも、アピールするポイントはあまりない。
「授業づくり」のうまさは出しにくい。

「展開」の部分で、話し合い活動を入れるパターン、つまり、「アクティブ型の授業出来ますよ」的なアピールも出来なくはないけれど、5分しかない時間のうち何分かを「話し合い」に使うのは勿体ない気がする。
また、話し合い後の「全体共有」の場面で上手くまとめられれば、ファシリテーション能力的なものも見せられるかもしれないけれど、これはリスキー。
生徒役の方々も同じ受験生はわけで、それほど充実した話し合いが一分くらいで出来るとは思えないし、故に、その後のまとめも上手くできるかは微妙。

なんというか、<テーマ>→展開のパターンは「やりにくい」気がする。

一方、前半二つ。

導入→<テーマや問いの提示>のパターン

これは、導入のやり方でさらに分類できる。

一番単純で無難なのは、「前回やったこと」から引き継ぐパターン。
「前回やったよね」と言えば、生徒役の方々もほいほい安心して正解を言ってくれる。
故に上手い事前回の復習が出来る。

ただ、これも、単調に見えてしまうという難点がある。
数人に対して一問一答的に答えるというパターンが続く。
へたすると、この一問一答で時間が終わるパターンもある。
それは、なんだか冗長に感じそう。

とはいえ、このパターンはそんなに「うまさ」は出せないけれど、良き所で一問一答をやめ、「今日の問い」につなげたりしたら、一通りキチンとやってるように見える。
そこまで出来ればそこそこオッケーっぽい。

「前回の復習から始めるね」

一問一答

「そうだね、先週は●●までやったよね」

「ところでさ、△△ってこのあとどうなったんだろ。戦に負けて『もういいやー』みたいに諦めたのかな。そんな簡単に諦められる??今日はこの続きの部分を見ていきます」

タイトルやらテーマやらを黒板に書く

ま、この流れが順当なパターンだと思われます。

ただ、よりアピールできるようなパターンは別にある気がした。

それが、もう一つの導入のパタン。

おもろい流れで導入をやること。(←えらい抽象的)
日常の話題から、ニュースから、突拍子もないエピソードから。
そういった事を導入にして、生徒の興味を惹きつけたうえで、「問い」につなげる。
(つながってなかったら単なる雑談になるので注意)

これは面白い。
「授業つくるの上手だな」という気がする。
さらに、その問いを掘り下げるような展開までやれたら最高。

例えば何だろ。

「昨日、●●のニュース見た?見た人いる?」

その子にあてて内容を言ってもらう

「そうそう、ありがとう。このニュースって不思議なことない?なんで●●なんだろ・・・」

「実はね、これは△△なんです。でもね、これって、今回が初めてじゃないんだよ。歴史上でもそういう出来事ってありました。今日は〇〇時代に起きた、△△についてやっていこうと思います」

みたいなね。

た、だ、、、これにもやはり難しさがある。

まずは単純に、時間が無いなかで、こういうアイデアがわいてくるか、ということ。
(特に、例に出したニュースと絡めるみたいなのは相当レアケースだと思う)

もう一つは、<問いの提示>までいかないと、『何がやりたいの?』と感じられてしまうこと。
面白い話から問いまでつながれば、「あーそういうつながりだったのか!」となるが、
それまでに時間が切れちゃうと、逆に非常に分かりづらい、先の読めない授業に感じられてしまう。。。

という事を考えると、、、

<構想の時間でやれる事>

まずは、面白い導入が下りてくる事を願う。
おもしろ導入が思いついて、かつ、5分以内にちゃんと「今日の問い」までたどりつく自信がもてたらその流れでやる。

構想時間でそこまで出来なければ、

「前回の復習(一問一答)」→(繋がる形で)「今日の問い」

という流れでやるのが無難。
構想時間5分としたら、3分経った時点で関心惹く系導入のアイデアが出てきてなかったら、こっちの無難パターンに行ったりした方がいいのかも。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。そんなふうに思いました。信じるか信じないはあなた次第です。

とりあえず、自分で時間はかってやってみるのがいいんじゃないかと。

いやまじで。

ねむー。

おやすみなさい。

————————
◆こちらの記事もどうぞ

【教採】事前準備できる模擬授業【2次】
【教採】集団討論と個人面接【個人面接】
【教採】面接模擬 ・・・教員採用試験対策【対話】

関連するカテゴリ▶︎【教採】カテゴリ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中