人材育成フォーラム  ~”先輩になる”という事 ~

今週は、二つ大きな教員研修がありました。

一つは人材育成フォーラム。

某市の約1000人(管理職や10年経験者など)を対象とした研修です。
私自身は企画への参加や動画の作成などなど、裏方中心の関わりで、
当日は聞きに行っただけ、という形でした。

その日の事は、中原先生のブログに詳細があります。
「サーベイフィードバックと対話による「教員研修」!? : 地方に広がる「若手教員の大量採用」にどうそなえるか?」
http://www.nakahara-lab.net/blog/2015/01/post_2346.html

内容としては、三名の先生方によるTED風プレゼンが中心でした。
(詳しくはリンク先、中原先生のブログをご覧ください)
その中で特に印象に残ったのは、「後輩との関係」です。
教員のキャリアの研究には「中堅の危機」に関わるものがあります。
初任として採用された当初は我武者羅に頑張る。
でも、それなりに経験を積むと、はてと悩む時期が来る。
自分のアイデンティティーや将来にグルグルと頭をめぐらす時期が来る。
そんな時に「壁」を乗り越える一つのきっかけになるのが、
自分のキャリアを改めて振り返る事なのかもしれません。
我武者羅にやってきた期間、何を獲得し、何を失ったのか。
それを、冷静に考えてみる、整理してみる事が重要なのかもしれません。
昨日のプレゼンでは、後輩と接する事が自らのキャリアを振り返る事につながる
というお話がありました。
「後輩との関係」って、結構大事かもしれません。
そんな事を感じました。

(後半はFBの投稿と同じです)
もう一つの研修については別記事で。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中