文教交流会のお知らせ 〜行政・研究者・教員の三者の立場から考える教育のエビデンスについて〜

学校教育を語る時、何を根拠に語りますか?

自分の被教育体験?
ネットで言われている事?
自分の“経験と勘”?

そういった事ももちろん情報源の一つになりますが、
『エヴィデンスをもって教育を捉えるべき』という考え方があります。
EBE研究会は、そのような考え方のもとに活動している団体です。

ーーーー以下、EBE研究会のサイトよりーーーー

Evidence Based Education とは

入手可能な最良の研究調査・実践結果をもとにして、
実践者の専門性と児童生徒及び保護者の価値観を統合させることによって、
臨床現場における実践方法に関する意思決定の最善化をはかるための行動様式

ーーーーーーーーー 以上 ーーーーーーーーー

今回、EBE研究会代表の森さんがいらっしゃり、
エヴィデンスに関係する、行政関係者、若手研究者の方とともに発表されるとのこと。
教育とエヴィデンスの関係について考える良い時間になるんじゃないかと思います。

私自身はちょっと行けないのですが、きっと有意義な時間になるのではないかと思います。
興味のある方は、是非、下記メールアドレスまでお申し込み下さい。

<イベント概要>

■日時:3月7日(土)14:30~17;00
■テーマ:行政・研究者・教員の三者の立場から考える教育のエビデンスについて
■場所:
■1部:NATULUCK 神田・大手町店 中会議室(14:30~17;00)
(千代田区神田錦町1-27 ロータリービル5F)
http://www.natuluck.com/conference/ohtemachi_middle.htm
■2部:近隣の居酒屋を予定(17:30~19:30)
■申込方法
メールに下の事項を記載し、題名を「3月7日文教交流会参加希望」として、文教交流会事務局education.jpn@gmail.comへお送りください。

=====〈必要記載事項(コピペしてお使いください)〉=====
 1.氏名: 2.所属:3.E-mail: 4.電話番号:
========================================

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中