2015年3月31日

3月31日には、毎年神奈川新聞を買い、市の教員の異動情報を見る事が恒例になっています。
人事異動を研究しているという事もありつつ、一方で、かつての先輩方らの動向も気になっています。
今年は、尊敬する先生が校長になられていて、近いうちにお祝いをしたいなと奥さんと話をしました。

今日で、教員を退職し、研究の世界に入ってから5年間が経ちました。

この間、たくさんの研究と出会ってきたけれど、研究の事が分かったとは思えません。
研究の「け」の字ぐらいは分かったような気になって、でも、さっぱり分からなくなり、時には、「あー、こういうことかも」って思った時もありましたが、その次の日には霧の中に逆戻り。そんな日々でした。

でも、最近、自分が書けるかどうかは別として、自分の「好きな研究」は少しずつ分かってきたような気がします。

この五年間、たくさんの先輩後輩や研究者の方とも会ってきました。
キレッキレの頭で尖ったナイフのような質問をしてくる先輩や後輩に会って、劣等感を感じた時期もありました。
でも、周りの研究者と共同する事の楽しさを教えてくれた先輩、一方で、研究者とは侍であるというメタファーを教えてくれた先輩、いつも、子どもたちが楽しく学び、教職員が生き生きと働ける学校づくりに貢献したいというまっすぐな想い持つ事の大切さを教えてくれる先生、研究を使って世の中にどう関わるか、という生き方を示して下さる先生、そういう先輩方先生方との出会いで、「研究者って色々な形があっていいんだなぁ」という、今となっては当たり前の事を感じる事が出来るようになりました。

もちろん、今の自分は研究者として未熟すぎるけれども、最近は、自分の「ボンヤリとした関心」に向き合う事の楽しさも感じられるようになってきた気がします。

そんな時間を過ごしてきましたが、この5年間は「スネをかじる」5年間でもありました。
支えてくれた両親や妻には感謝してもしきれません。
自分としてもそろそろまた働きたいなぁと考えるようになりました。
ここのところ、教採対策の講座を持つようになって、直接的にせよ、間接的にせよ、教員養成に関わりたいなぁという想いが強くなってきた事も背景にあるように思います。
研究者としても新たな立場から物事を見てみたい、という気持ちが強まってきました。

そんなわけで、今年度から、青山学院大学で助手として働かせていただくことになりました。

新生活が始まるな、という意味で楽しみな気持ちはありつつ、最初の就職のようにフワフワとした感じはありません。
年度末までに終えなきゃいけない事が終わってなさすぎて(ハッ1時間も過ぎてしまった!)、一区切りついた感じがしないせいもあるかもしれません。

でも、とにかく、明日には顔合わせがあって、新たな生活が始まります。
研究者としても、実践者としても、このご縁を大切にしながら、一歩一歩力をつけていきたいなと考えています。

これまでご指導いただいた先生方先輩方後輩方には、今後ともご指導いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中