メディアのバイアスの話 キッチンのはしっこにあった黒霧島をチビチビやりながら思ったこと

友人のFB見てたら、メディアのバイアスの話が出てた。

思った事、書いてみる。

高校生ぐらいのころから思ってる事。

———–

そもそも、バイアスのかかってないメディアなんてない。

真に中立的な情報なんて無い。

たとえ一次情報伝えてても、その情報を選んでる時点でバイアスかかってる。

むしろ、メディアとのつきあい方という意味では

あっちのバイアスと、こっちのバイアスと、そっちのバイアスと、全部バイアスがかかってて、

それらを全部見て、中心をぼんやりと探る、そんなような感じじゃないかと。

各地の震度から震源地探るようなイメージ・・・なのかな。笑

———–

もうちょっと言うと、「あっちはバイアスかかってて、こっちはバイアスかかってない」って

思った時点で危ういと思うんだよね。

「あそこの新聞社は中立だ」、みたいに思ってる時点で、自分を一旦相対化する必要が出てくる感じ。

「あそこの新聞社の考え方は自分の考えに近いから好き」はあってもね。

「あそこは中立だから好き」ってのは、あり得んのだと思うんですよ、うえで書いた通り。

————

ま、なんでこんな事思ったかって言うと、そこに書かれてた内容で

「偏ったメディアは避ける」ってのがあったんですよね。

僕は、そんなことできないと思うんすよね。

「偏った情報は避ける」ってのは、裏を返すと、

「偏ってない情報がメディアのどっかにある」と思ってるわけで。

そんなもの、ない。と、思うんですよね。

「偏った情報は避ける」っていうのは、

↑で書いた、「こっちの情報は偏ってて、こっちの情報は偏ってない」って状態。

それは、そのメディアが「偏ってない」んじゃなく、「自分の立ち位置に近い」というだけ。

それ取り違えると、、、よくないような気がする。

———–

そーゆー意味で言うと、どこかの会社を選んで新聞を買わなきゃいけなかった時代に比べ、

各社の報道姿勢を簡単に比較できる今は、便利になったよなと思う。

ただ、その差異を目の当たりにして、差異に敏感になる事は非常に重要だけど、

その結果、「自分の考えに近いから」と「中立だから」を取り違えるようになると、

かえって怖いよなと。そんな風に思います。

————

怖いよなと思う理由は、つまり、何度も言ってる通り、

「自分の考えに近いから」と「中立だから」をはき違えちゃいけないと思う理由は、

前者だったら、わりと別の視点にも柔軟に関われると思うんだけど、

後者だったら、排他的になっちゃう。

前者だったら、「この見方は自分にとって心地よいだけで、

別の見方を心地よいと思う人もいるんだろうな」くらいに思える。

ある程度、ほかの立場を認められる。

おれの考えとあなたの考えは違って当たり前だから、

じゃーそれをふまえてどうすんの、って思える。

でも、「こっちが中立で、あっちは偏ってる」って思っちゃうと、

あいつらが間違ってるだけ、あいつらがアホなだけ、ってなっちゃう。

先に進めず、宗教対立になっちゃう。

歴史の問題なり、原発の問題なり、

日本で色々な問題が宗教対立っぽくなっちゃう背景には、メディアリテラシーの問題も

あるんじゃないかと思う。

————

さて。

メディアの話はおしまひ。

今週後半は毎日2時間睡眠ぐらいで、

今日、一つの研究報告が終わって、

じゃあちょっと一杯みたいな感じで15分だけ飲んで、

ほろ酔いになって、

かえった頃には冷めて、

仕事して、

またこの時間になってダラダラ飲んでる、

というテンションで、今日の日記は書いてみました。

ああ、フワフワして気持ちいいですな。

寝よ。

おやすみなさい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中