ICT活用日記 比較してから…?

どうもです。
ICT利活用日記、としてみました。

本日も模擬授業がありました。
様々に活用していて興味深かったです。

そういう中で結構多いのが、学生のタブレットからなんらかを吸い上げ、
比較するというもの。
例えば、●●のイメージを絵に描いて下さい、とか。
●●への手紙を書いてみましょう、とか。
で、それをパソコン吸い上げるなり、リアルタイムに画面同期するなどして、
電子黒板に写し、比較をする。

ここまでの時点で、それぞれ各学生が表現したりしてるのであって、
それなりに能動的な関わりはしており、意義はあると思う。

ただ一方で、「その後」にどこか物足りなさも感じる。
たいていは、吸い上げて、比較して終了。

もちろん、時間の制約等もあるんだけれど、
「比較してからどうするのか」は、もう少し深みが欲しいなと思った。

こことここが違う。共通。
そこまではいいとして、それがどういう意味を持つのか。
その辺りをみんなで再び考えたりすると、より面白いのかな。。。

模擬授業でそこまで求めるのは酷?と思いつつ
そこまでしないと比較する意味はあまりないよな、とも思う。

いじょいじょ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中