『「個別化」こそがEBM』 〜第12回EBE研究会@池袋

今日は、EBE研究会の第12回研究大会に参加しました。
EBEはEvidence Based Educationの略です。
代表の森さん(岐阜県立小学校教員)とは文教交流会つながりで昔から関わりがあり、そういったご縁もあって今回は参加することになりました。

http://ebe-riron-jissen.jimdo.com/
スクリーンショット 2015-08-22 15.48.27

自分自身は、岐阜大の加登本さんのコーディネートによる、『エビデンスの時代に教師はどうあるべきか』と題したパネルディスカッションにパネラーとして参加しました。

が・・・

正直言って、今回は、うまくしゃべれなかったです笑。
こんなに駄目駄目なのは久しぶり。
(え、いつも駄目駄目だって?笑。それにしても上手くいかんかったー。)

「do」と「want」、噛み合ってなかった気がします。
「環境」にもマッチしてなかったかな。←ここがそもそも。
というか、エビデンスとは何かをもう少し詰めておいた方がよかった気がしました。

・・・チーン。

反省は色々あるけれども、またつぎがんばろう。

会の内容としては、非常に勉強になりました。

“『目の前の患者にぴったりの研究なんかない』ことを前提に、論文についても、自分自身が提供した医療についても、『批判的吟味』すること”

これがEBMの基本なのかな。

“得てして、Evidence Based —というと、『明確なエビデンスに基づいた●●』のようにとらえがちですが、むしろそうではなく、その限界をふまえながら、批判的に摘用していくことこそが重要。

エビデンス(あるいは研究)は一般化を志向し、一つの有力な正解を示すかのように思われがちであるが、むしろ、エビデンスを基礎として、それとの違い等を考え、状況に応じて「個別化」をしていくこと。それがEBMやEBEの肝。”

という話、本当にそう思いました。
自分自身もどちらかというとそういう考えだったし。
いたく共感しました。

教育学会のエビデンス特集、読んでなかったけど(←オイ)、読んでみよー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中