同世代の職位

自分は今年35である。

最近、2つの学会に行ったが、自分と同世代の人たちの職位が変わってきているなと感じる。

准教授になっている人が増えてきている。

特に工学会。

自分はまだまだそんな状態ではない。

ま、もちろん、他の職についていた経験があるので、単純比較する必要はないのだが、多少は焦る。

35という年齢を見て、単純に「准教授人事だな」と思われたら、今の業績では割と厳しい。

「のんびり業績を出していけばいい」状態ではない気がしてくる。

そう思うと、色々と「あーしておけば良かった」という話も想い出す…

将来的に「判断を間違えた」と後悔しないためには、自分が頑張って職を手に入れるしかない。

あーーーーー。

 ・
 ・
 ・

焦る笑。

書こう書こう。

書くしかない。

かといって、焦って1本1本が薄くなっても、質が深まらない。

今書いてる何本かが落ち着いたら、しっかり「大事な一本」を書きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中