大学院同期との出会い

先日、大学院同期で久しぶりに集まって、話をしました。

学習塾の経営を基盤に、学校経営のコンサル、大学のカリキュラム開発まで幅広く教育×マネジメントに携わっている石田さん。
(最近はネットニュースでも話題)

組織・人材系コンサルの出身でプログラミング教育のベンチャーをやっている讃井さん

コンテンポラリーダンサーとして文化庁の新進芸術家の指定を受け、ダンス×教育×政策という視点で研究を行っている木場さん

日本の教育のど真ん中、文科省で教育行政のリアリティーの中で奮闘している小俣さん

意識してなかったけど、教育学の大学院の同期として、めちゃめちゃ面白いメンバーだったんじゃないか、という気がする。

「現場を分かっている」という根拠のないプライドと意地だけあった僕は、色んな知らない世界に目を開かせてもらった。

大学院で出会うアカデミックな世界と共に、同期たちから見せてもらった新たな世界を通じて、大げさな言い方をすれば、人生が広がったと思う。

「一度しかない人生だからやりたいことやる」という言葉が昨日も出たが、そういう心持ちでやっていこうと思う。

前へ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中