教員人事制度の多様性

この前の研究会でも話題になったが、
教員人事の制度は地域によって結構違う。

ある都道府県では、最初の異動は小中間で行うのが
通例である、というところもあるらしい。
つまり、中学で採用された人は、2校目は小学校。
小学校採用であればその逆、ということ。

免許はどうなってるんだろう、とか気になることもあるし、
最初の異動の衝撃はかなり大きいのかもしれない。
もしかしたら、「2校目はまだ新人の延長」と言ったような
扱いを受けるのかもしれない。

そういった意味で、人事制度の違いは教員のキャリアの伸長にも
何らかの影響を与えるんだろうと思う。

気になる。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中