変わることへの不安

物事を変えたり、状況が変わることについては、漠然と不安を感じる人は多く、そういう不安ゆえに変化を拒む人は少なくない。

『改革者』にとってはそれが不都合であったりもする。

それでも、変わることに対して不安を感じる人に「思考停止だ」とか「古いんだよ」とか言い捨ててもうまくいきそうにはない。

そんな事を言っても当事者の理解が増すことは絶対にありえないし、反発が増す可能性が高まるばかりだからだ。

そういうことを言う人は、きっと物事を前に進めていきたいと思っているわけではなく、『改革しよう』と言うことそのものを目的にしているか、『改革者』という立場を確保したいんだろうな、と思ったりする。

色んな不安を一つ一つ払拭しながら、粘りながら、それでも一歩一歩前に進めていく必要があるんだと思うけど。

それをする時間がないとしても、不安を感じている当事者に唾を吐くのではなく、少なくとも不安と向き合う姿勢を見せることが必要ではなかろうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中