校内研でリフレクションのお話をしてきました

先日、横浜市立の小学校でリフレクションのお話をさせていただく機会を得ました。
今回、内容を検討している段階で意識したポイントについて、メモしておきたいと思います。

16715970_1302516573143148_4869727787324358476_o

1、経験学習の「入り口」としてのリフレクション

経験から学ぶこととリフレクションってイコールなのかなといつも思います。
少なくとも、「振り返ること」は経験から学ぶこととイコールじゃない。
言い換えると、「振り返るだけで学べるわけじゃない。」

ここ間違えると、なんか振り返りってやらされるんだけど、なんのためにやってんのかわからない、になる気がする。
経験学習でいうと、概念化というか持論化というか、メタ化というか、スキーマ化というか、、、そこまでいくと、「学んでる感」が出る。

<その経験から何を学んだんだろう>を、少しでも意識することは、ちょっとした違いだけど大きいんじゃないだろか。

2、自分へのフォーカス

オニオンモデル(コルトハーヘン)っぽいものを意識して。

これとレゴとの関係性がイマイチつかなかったので(つけなきゃいけないわけじゃないけどw)、今回は少し考えた。
ストレートに「あなたの強みは?」と聞かれるのはハードルがあるので、ある場面(レゴで作った場面)で発揮された強みを聞くというワンステップを入れた。

結果としては悪くなかった。
レゴとの関係においてもそれなりにいけたとおもう。。

3、前後半の関係

前半(レゴで場面を振り返る)と後半(その場面を通じて自分にフォーカスする)の温度差。
2、で言ったような意味的なつながりもそうだけど、場の様子についても前後半の関係を意識した。

一回ほぐして、深い問いに行くという。
安心できる場にしてから、じっくり考える場へ。
熱狂型から、冷静型へ。

というようなね。

4、「共有しない」の明示

自分と向き合う問いの一部については、「この問いについての回答は、あとで共有したりしません」と明言した。
本当に向き合いたい時って、「人に見られること」が不安要素になってしまう気がする。
「ここは外に出さないでイイ」を伝えたほうが、安心してやれるんじゃないかな(その問いの意義が腹落ちしていればなおさら)。

3も4もそうだけど、基本的に「安心して取り組んでほしい」って気持ちがあると思う。
特に今回は校内研だから、というのもあるかもしれない。
有料型の、「全員が全員、高いモチベーションを持って集まっている」というパターンではないというのも、これを意識した背景にあるかも。

 

<課題もメモしとく>

・1と2の関係

a)レゴと経験学習
b)レゴと自分へのフォーカス

は、それぞれうまくつながったんだけど、ab間のつなぎが難しかた。

・自分に向き合うことの課題

今回は自分に向き合うことの大切さをメッセージにしたけど、自分に向き合うことが単なる自己強化や独りよがりになることは避けたいなと思う。

・使命とか

自分の使命とか、自分が教員としてそもそもやりたいと思っていたこと、って必ずしもあるわけじゃないよなと思う。
「ただただ公務員だから」って人もいると思う。
というか、もともとは使命感を持っていても、それを失った人もいると思うし、特に校内研とか色々なモチベーションの意図がいる場ではこの語りかたは丁寧にやったほうがよさそう

<最後に>

今回、よんでいただいた先生が「りふれくしょんで校内がつながる」というお話をされてました。
多脚かに、そういう意味合いもあるよなぁ、と思いますし、とても素敵な言葉だと感じました。

以上。
箇条書きですが、この辺で終わりたいと思います。
では。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中