満員電車に揺られて。:異動と適応

前のブログにも書きましたが、四月から職場が変わりました。情報教育から学校管理職研修開発(?)ということで、仕事の内容がこれまでと色々かわってます。
今日で新しい職場に入って1週間がたちましたが、知るべきこと、身に付けるべきことがたくさんありました。

先日は職場の先輩とランチに行き、仕事と研究のバランスのとりかたみたいな話をききました。
先週の水曜は名刺の作り方を知ったかな。
もう少し深いこと?大事なこと?でいうと、この職場にはどんな人がいて、それぞれどんな関わりなのかを観察しつつ、ちょっとずつ理解しています。

こうやって、新しい職場のもろもろを学習しながら徐々に適応していくプロセスを組織社会化と言ったりします。そういうわけで、いま僕はまさに組織社会化の真っただなかにいるわけです。

ところで、今回の異動で最も変わったことの一つに、通勤方法があります。3月までは車で30分くらい。今は満員電車に揺られて一時間半くらい。人に触れあうこともなかった状態から、足が踏まれただの、肘があたっただの、そういう状態になるわけです。職場に着いた時点でのストレスメーターはかなり違う気がしますw 目下の目標は、この時間をいかに穏やかに、有意義に過ごすか、という感じです。

もひとつ変わったのは、保育園や家事関係。これは異動とは本来直接関係ないことですが、今回の異動と同時に奥さんが職場復帰しました。ちょっとしたことだけど、ママ(奥さん)と子どもたちが会える機会が減ってくると、どうも子どもたちの僕への風当たりが強くなるんですよね。ママとの関係に満足していない状態で僕が近づくとどうなるか。「お前じゃない」オーラ出されるんすよね。この感じわかるかな。
あと、奥さんの心の余裕も違うし、こちらの心持ちも。例えば、シンクに洗い物があるのをチラ見したときの気持ちというか、そわそわ感というか笑、なんとなく姿勢が違います。また、この辺りは仕事ともそれなりに関わっていて、持ち帰りの仕事が出来る出来ないには大きく関わっていると思います。

(今こそ『育児は仕事の役に立つ』(浜屋中原2017)を読むべき時なんでしょう。)

この一週間は、最初に述べたような職務の変化はもちろん、こういったあたりの変化の大きさをひしひし感じた毎日なわけです。

つまり、異動後の適応においては、組織社会化、つまり、新しい職場とか新しい職務への適応だけじゃなくて、生活変化への適応も大事だと思います。
生活変化への適応でくじけると、職務への適応の方がうまくいかなくなってくるってのは容易に想像できることなわけで。
そうならないような生活設計をすることは、異動後の適応の大事な側面だな、と。

そういう意味でも、やはり、夫婦間でチームとして家庭を運営してくってのは非常に大事な話だなと思います。

そんなことを改めて感じる日々であります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中