先日イベントでやったアイデアソンを授業で試してみた

先日やってみたアイデアソン,問いをちょっと変えて授業でやってみた.

20170627_140902

結果としては,結構,盛り上がったように思う.

テーマ:新しい修学旅行を考える.学びと思い出の両立.予算7万円

アイデアソンのこと,まだ詳しくありませんが,二つの目的で使えそうな気がする.

一つは,プロセスを通じて互いのコミュニケーションを改善したり,共通のビジョンを持つようなことを目的にするもの.もう一つは,結果として出てくるソリューションの開発を目的とするもの.

これまでのアイデアソンはアプリ開発やものづくり,街づくりなんかに関わるものが多いと思うけど,アプリ開発は後者だけど,まちづくりは前者の場合も多いかなと思う.企業と提携したりして,実際にサービスが生まれる場合,3Dプリンタを使って実際にものづくりができる場合とかをのぞいた場合(自分の授業含む)は,ソリューションやプロダクトを目的にするのがなかなか難しそうで,前者の話になるのかなと思う.

 

その場合,ようは話が盛り上がって,コミュニケーションが活発になることを目指すなら,実現可能性なんかに関する厳密な議論は時には必要ない可能性もあるし,それを問うような問いのたて方も必ずしも必要ないのかも.

この問いのたて方含め,まだまだ改善の余地はありそうだけど,面白いものになる可能性をひめている気がする.というわけで,これからもいくつかやってみようと思う.

イベントについては,またいずれレポートを書きやす.では.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中