月別アーカイブ: 8月 2017

強みをいかす学校づくり :カリキュラム・マネジメント研修

先週、某自治体の教育課程の協議会(高校)におよばれし、講師をしてきました。
マナビラボチームで研修に参加するのは今回が初めて、かつ、コンテンツも刷新して初めてだったので、なかなか緊張度高かったです。

内容のポイントは2つ。

①まずは、「マネジメントを考えるとき、強みを意識しよう」ってこと。ポジティブ心理学とか、AI研修っぽいことをイメージして考えてみました。
例えば、4Dプロセスも紹介してみました。

スクリーンショット 2017-08-24 11.08.37

<参考:山田(2016)「学校のポジティブな組織開発が教職員に与える影響の過程の探求」> 

 
②もうひとつは、「やりたいこと」と「教科横断」の関係。

教科横断のために他教科と連携するのではなく、取り組みたいテーマや育てたい力がありその目的にかなうからこそ教科横断していた、という形がいいんじゃないだろか。
という提案。

行政から示されて、「やらなきゃ」ってなると、得てして手段が目的化してしまうことが多いので、一歩立ち止まろう、という話。

以上2つをポイントにしてやってみました。
これらのポイントを、具体的にどんなワークを通してやったかはまたいつか。

進め方にはまだまだ課題もありましたが、内容は悪くない感じがします。
チームでよりよいコンテンツにしていけたらと思います!!

持続可能な授業研究

先日、とある小学校の校内研修会に参加した。
今後求められる資質能力をふまえ、具体的な提案を含んだ、大変学びに富んだ会だった。
ところで、今回の講師の先生のコメントの中で一番印象に残ったのは次の言葉。

「終わったとき、『あぁ、もっと面白い授業したい』とか『もっと深めたい』と思うような研究しましょう」

ということ。当たり前と言えば当たり前なんだけど、結構そうでない場合も多い。

「『もう二度とやりたくない』と思うような研究ならやめときましょう」

そんなことも言ってらっしゃった。
出来なかったことを指摘しあってボコボコにしたり,形を整えるために莫大な労力をかけたり,そういうことになりがち.そんなんなるなら校内研究も考えもんだよね.

肯首肯首.
肯首肯首肯首.

けむけむにまきまき

「そもそも論から考えよう」というスタンスで話を始めた人が,「クリティカルシンキングって大事ですよね」「レジリエンスって大事ですよね」みたいな,フワッとした言葉でしか説明できなかったり,「▼▼っていう学者が●●って言ってます」みたいなことで何か説明したみたいな感じになってたりすると,聞いてる側としてはやっぱり,けむにまかれたような感じになるよね.

じゃーチミかわりにやってみて,とか言われると困るんだけれども.

イチサンカシャとしてはそんなことを思っちゃった.