リフレクションの幅を狭める必要はないんじゃないか:コンティンジェンシーなリフレクション?

ずいぶん時間が経っちゃったけど,昨年11月,横浜あるある会の研究会にお声がけいただいて,「リフレクション」をテーマにワークをさせてもらった.
(参考:青せんこと,青山先生のブログから 〜先生の働き方design研究所〜
    http://aosenn.hatenablog.com/entry/2017/11/13/044819

その際,「教員キャリアの羅針盤を手にする」というテーマもあって,これでもかというほど「自分」にフォーカスをあてるリフレクションをした.
そのことの反動というか,あまりにも自分にスポットライトをあてることを考えすぎたため,そのことにちょっと自ら疑問を持つ時期があった.

「自分」のことばっか考えて,新たな一歩を踏み出せるんだろうか.
それより,手段とか手法を振り返った方が,次の一手を考えやすいのではないか.
つまり,「あーやって駄目だったから,こーやってみよう」系のリフレクションの方が「次の一手」につながりやすいのではないだろうか,ということ.

準備をしながら結構そういう迷いが生じていた状態になってたんだけど,ワーク中は迷いを振り払いつつ自分にめっちゃ焦点あてた.

それでも,やっぱりなんか頭の中に残っていたのか,ワークを終わったあと,ラーメンを食べながら,青せんともそんな話をした(上記ブログ,ラーメンを食べながら…以後)

で,結局思ったこと.色々考えてみたけど「こういうリフレクションが良い」「こういうリフレクションがダメ」というようなこと,決められるんかな,と.(考えた上での当たり前の結論笑)

むしろ,「こういう時はこういう形,ああいう時はああいう形」ではないかと.コンティンジェントな感じ.

リフレクションを色々と整理する軸はあると思うけど,例えば,特定の出来事を振り返るのか/何を振り返るかを考えるところから始めるか,成功体験か失敗体験か,実践や方法について振り返るのと自分について振り返るとか,前提まで掘り返すようなことを求めるかそれともさらっと「この辺が良かったね」くらいにとどめるのか.未来への視点でいうと,「つぎこーしよー」ぐらいのもんか,持論得るぐらいのもんか,具体的アクションプランまでつながえるのか,その辺もあるよね.

とか様々にあると思うんだけど,「リフレクションはこうやるべき」とか「●●がなかったらリフレクションの意味がない」というような形で幅を狭めるのは,かえってどうなんかな.

だったらなんでもいいじゃん,という話ではなく,その時その場で必要とされるリフレクションがあるんじゃないか,と.

曖昧な言い方になるけど,いろんな意味で当人が苦しい時には,ホッとするようなリフレクションがいいだろうし,キャリアや実践の鍵になるような場面では,がっつり掘り下げるようなリフレクションがいいだろうし,何らかの方向性を探っている時期であればそもそも論から考えるようなリフレクションがいいだろうし.

ちょっと単純すぎるけれど,例えばで言えばこんなイメージ.

そんなもんじゃないか,と.

だから,リフレクションのあり方を狭めたくないなと思うし,プラスして,その人のリフレクションに付きそってくれる,その人のことを理解していくれるパートナー,つまり,「今その人に必要とされるリフレクションを判断してくれる人」って大事だなと思う.

アカデミックにいうと,メンターとかそういう存在に近いんかな,

てなことを考えた2月2回目の土曜日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中