相模原 経験の少ない教員養成のためのリフレクション

先日、都留文科大学の山辺さんと一緒に、相模原市の学校運営推進者研修に登壇した。
テーマは「経験の少ない教員養成のためのリフレクション」。

毎年、この時期に登壇して4年目になる。
同じテーマで同じメンバーで登壇しており、なんとなく定点観測ができる感じ。

山辺さんも僕も少しずつ立場が変わりながら、
そして、山辺さんも僕も少しずつ、不必要な力みが取れて、
ナチュラルな状態で登壇できるようになってきたと思う。

今回、改めて玉ねぎモデルの話を聞いて、「刺さる」なぁ、と思った。
参加してくださった皆様に、というのもあるが、「自分に」という意味でもある。
自分の使命(自分がこの世界に入る時に決意したこと)や、
強み(言葉にはしづらいw特にブログではw)なり、そういったものを大切にしながら、
でも、外圧もきちんと受け止めながら(←僕はここをカワして生きたくはない)
生きていきたい。

一緒に登壇しながら、改めて思った。

来年度も楽しみである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中