筑駒の授業を院生と見に行きました

先週の金曜日、院生とともに筑駒に向かいました。

tsuku

地理の宮崎先生(中1)と国語の森先生(高2)の授業を見せてもらいました。
授業の詳細は勝手にオープンにするものでもないと思いますし書きませんが、どちらもそこにいる子どもたちに必要なものに丁寧に向き合ってなされた授業だと思いました(偉そうだったらすみません)。

事前には少し伝えていたものの、受験対応的な、先取りっぽい授業を想像していた院生からするとどちらも驚きの授業だったようでした。
特に森先生の授業はこれまで見たスタイルと全く異なっており、院生の興味を強く惹きつけていました。
「こういう形の授業もあるんだなぁ」という院生のつぶやきが印象的でした。

あともう一つの反応、これは両授業ともに出ていた反応ですが「これは筑駒だから出来る」というものでした。
こういった反応は筑駒のような学校を見にいっても、モデル校の授業を見にいっても、海外を見にいっても、いつも出てくる反応です。
ただ、そういう風に断じて、考えたり感じることをやめてしまうのはとても勿体ないことだと僕は思っていますので、この反応についてはその後少し時間をとって対話してみました。
そのあたりについては結構お互い話し込んだので、また別エントリーで書きたいです。

今回の訪問を行なったきっかけは、院生の方から「筑駒の授業が見たい」という声があがったことでした。
こういう「いろんなものを見てみたい」という気持ちはかなえてあげたいなと思いますし、加えて、それを実現させるのは自分の役割かもなと思います。

というのも、自分がたぶん教職大学院のなかで一番「現場から遠い」教員だからです。
研究の業界的に言えば、たぶん現場に「近い」方の人間です(現場の方と協働することも多く、現場の方の視点をもってする物言いが多いという意味で「近い」と表現しています。)が、職場の組織の中では、元校長や元指導主事の方がたくさんおられるので、現場から「遠い」方の人間です。

「近い」のと「遠い」のとどちらがいいというわけではありません。
むしろ、研究業界的にも、職場組織的にも、「近い」と「遠い」の両方がいることが大事だと思っています。
そういう意味では、職場組織内では、「遠い」人間である(かつ、それなりに「近さ」にも理解があるw)ことをいかして、視野を広げたり、これまでと違うものを見たり、という機会につないでいきたいと思います。
「揺さぶる担当」ぐらいに思ってます。

そして、そのためにもですし、自分のためにも、僕自身がいろいろなところに「出て行く」ことをしていきたいなと思っています。

コメントは受け付けていません。