帝京大学教職大学院フォーラム そして

昨日は教職大学院のフォーラムだった。テーマは「学びに向かう力と人間性」

パネルディスカッションのパネラーは3人のうち2人が元視学官or調査官という本学らしいメンバーであり,そしてもう一人が動物園の園長さんというアクロバティックな組み合わせだった。

どうなるんだろうと思ったけれども,コーディネーターをつとめた中田先生の流石の仕切りで,どんどんと話が進んでいく。

中でも,動物園の先生のお話が抜群に面白かった。

印象に残ったことは色々あったけど,特に興味深かったのは以下の一節

「育ちたい」とか「学びたい」とか思わないのは人間くらい。動物園の中で,そうではないのは類人猿くらい。チンパンジーとか。

 

確かに,よく考えれば,ほとんどの動物は,学ぶことのほとんどが生活や生き残ることに直結する。だから,学ばないってのはあり得ない。

人間ほど,生きることに直結しないことを学ぶ動物っていないだろうな。

そう思うと,なぜそんなに幅広く学ぶのかが気になる。いくつか理由を考えた。

 

-役割分担が進みすぎて,生まれて初期の,ゴールデンエイジの時期には将来的に何をするか見えてない?

-叡智の積み上げが物凄く大きくなっており,それを維持したり拡張する人材を一定の割合で産むには,知的人材の裾野を広げる必要がある?

-人類の叡智の積み上げによって環境そのものが高度化しており,その中で生きるためには基礎として学ぶべき内容が幅広くなっている?

 

結局は,人間が社会的な存在だからなんだろう。

ただ,直接役にたつかわからないことを学ぶことに慣れすぎて,学ぶ意味を理解しないまま学ぶことに慣れすぎてしまったんだと思う。

そこを回復しようとするのが今の流れなのかもしれない。

これまではその意味自体が分からなくても,キャリアを作るためということで押し切れたけれども,そんなことはもう成り立たなくなってきた。

フォーラム後,院生数名と飲みにいく。

例のごとく飲みすぎてしまった。

ちょっと嬉しい一言もいただいた。

 

教職大学院の教員になる直前に,以下のイベントに参加したのは大きかったかもしれない

1949ad1f9bfbbc95368f0fb2ed9f265c_original

舘野さんに,大学院の教員にどんなこと求めますか?と聞いたら,

「一緒に変わろうとしてくれること」とおっしゃってた。

その時にはわからなかったけれど,なんとなく,心に残っていた。

昨日,院生らと飲んでて自覚したのは,自分自身が「院生と一緒に学ぼうとしている」こと。

それに気づかせてくれる一言をいただいて,本当に気持ちが高まり,そして飲みすぎてしまった。笑

あべし。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中