働き方改革に関わって3年

学校の働き方改革に関わって3年.

この問題,正直つらい.すぐ燃える.

できれば関わりたくない,とさえ思ってしまう.

多くの研究者が本気でかかわらず,お茶をにごしているのも,よく分かる.

 

それでも,どうにかしたいと思うのは,本当に学校にとって必要な働き方改革ってなんなんだろう,と思うから.

 

各自が,自分らしく,自分たちらしく働く.

これまでの強制でもなく,新たな強制でもなく.

働いて幸せになる.

それは個人としてもそうだけど,それだけじゃなくて.

この仕事について,子どもの成長を目の当たりにした時の,あの,なんとも言えない,教師としての幸せも含めて.

それらを奪うような働き方改革には賛同しがたい.

この仕事にとって行うべき働き方改革ってなんなのかをちゃんと考えていきたい.

個人としても教師としても幸せになれる働き方改革を考えたい.

行政にくさしたり,一部の教員をくさしたり,そんな言説にはお腹いっぱい.

そもそも,そこにばっかり目を向けても仕方ない.

そんなことしている間に,大事なものも失ってしまう.

そう思ってます.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中