教員同士の学びあう関係・学びあう場をつくるプロジェクト

教員にとって学び続けることが大事だ、というのは、ここ数年どこでも聞く話です。

専門家として自ら学ぶことが重要なのは言うまでもないですが、例えば、自分では気づけない何かに気づけること、自分の固定化された見方を揺さぶられることなどの重要性を考えれば、他者との関係の中で学ぶこともやはり重要だと思います。

しかし、そうした必要性は理解されつつも、「ではどうやって」というところは意外と盲点になっています。今年度から、埼玉県教育委員会とご一緒して、高校を対象としながら上記の点について研究するプロジェクトに取り組んでいます。

「学びあう関係・学びあう場をつくるプロジェクト」とでも言えるこのプロジェクトは、今年度からスタートしました。埼玉県教育委員会の先生方、横浜国立大学の脇本先生とご一緒して進めてきました。

学校教育において「学びあう場、学びあう関係」と言えば、「校内研究」を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。とはいえ、一方で、(一般論ですが)校内研究は形骸化など様々な課題も指摘されています。また、学校によってはそうした文化や慣習そのものがない場合もあります。また、校内研究ではなくても、かつては職員室の雑談のなかで、飲み会の中で、いろいろな学びがあったと言われていますが、そういったものが成立しない学校も増えていると聞きます(良い悪いは別として)。

そのようななかで、学び合う関係をどのように再興するか、創造するか、というあたりは本当に悩ましいところです。まだ「これ」と言うものが何か生まれたわけではないのですが、少なくとも、「みんなで授業を見て、みんなで話し合えばうまくいく」というほど単純ではなく、例えば校内研究について言えば、叩き合い(公開者がひたすら批判される)にならず、あるいは、空中戦(それぞれ思い思いのことを言いつつ深まりがない)にならないようにするには、一工夫はやはりあった方がいいかなと思ったりします。

そのあたりをみなさんで考えつつ、開発していきたいと思っています。

このプロジェクトをやっていて感じた点がもう一つあります。

これまで自分が学校に入って何かに取り組むときは小中学校が多かったのですが、今回は「高校」という場をフィールドとしています。小中学校ももちろん多様性はあるのですが、高校はやはり、ミッションがそれぞれ明確に異なっていることについても(頭では分かっていても)改めて向き合ったような気がします。

そういった事情を考えると、文脈も状況も文化も異なる高校に何らかの方法を押し付けても変わらないように思います。いや、無理やり変えていくことはできるかもしれませんし、変化は早いかもしれません。でも、持続性がないように思います。

我々(脇本さん、私)は、各校から数名ずつ参加されている方々に、ワークショップや研修方法等に関する講義や演習等をおこなってきました。ただこれも、あくまでベースとなる部分について一緒に考えていくもので、なんらかの方法を押し付けることは避けたいと僕は思っています。

ここ数ヶ月、各校をまわりながら、先生方の思いや直面している課題、期待などについてうかがってきました。そうした対話に時間をとりつつ、「どんな場をつくるのか、どんなきっかけづくりをするのか」というあたりは、先生方の考えで構築されていくように意識しています。

そうした先生たちご自身から生まれた場をきっかけに、学びあうことの必要性に対する気づきがうまれ、そうした文化が根付いていったらいいなぁと思いながら進めています。

もう少しいえば、生徒の学びを中心にしながら、暖かく教員同士が学びあい、何かに気づくことで、結果的に「変わっていくこと」へのハードルが下がっていき、柔軟でチャレンジングな学校組織になっていくこと。

そういう変化のお手伝いができたらなと思ってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中