カテゴリー別アーカイブ: もろもろ

筑駒の授業を院生と見に行きました

先週の金曜日、院生とともに筑駒に向かいました。

tsuku

地理の宮崎先生(中1)と国語の森先生(高2)の授業を見せてもらいました。
授業の詳細は勝手にオープンにするものでもないと思いますし書きませんが、どちらもそこにいる子どもたちに必要なものに丁寧に向き合ってなされた授業だと思いました(偉そうだったらすみません)。

事前には少し伝えていたものの、受験対応的な、先取りっぽい授業を想像していた院生からするとどちらも驚きの授業だったようでした。
特に森先生の授業はこれまで見たスタイルと全く異なっており、院生の興味を強く惹きつけていました。
「こういう形の授業もあるんだなぁ」という院生のつぶやきが印象的でした。

あともう一つの反応、これは両授業ともに出ていた反応ですが「これは筑駒だから出来る」というものでした。
こういった反応は筑駒のような学校を見にいっても、モデル校の授業を見にいっても、海外を見にいっても、いつも出てくる反応です。
ただ、そういう風に断じて、考えたり感じることをやめてしまうのはとても勿体ないことだと僕は思っていますので、この反応についてはその後少し時間をとって対話してみました。
そのあたりについては結構お互い話し込んだので、また別エントリーで書きたいです。

今回の訪問を行なったきっかけは、院生の方から「筑駒の授業が見たい」という声があがったことでした。
こういう「いろんなものを見てみたい」という気持ちはかなえてあげたいなと思いますし、加えて、それを実現させるのは自分の役割かもなと思います。

というのも、自分がたぶん教職大学院のなかで一番「現場から遠い」教員だからです。
研究の業界的に言えば、たぶん現場に「近い」方の人間です(現場の方と協働することも多く、現場の方の視点をもってする物言いが多いという意味で「近い」と表現しています。)が、職場の組織の中では、元校長や元指導主事の方がたくさんおられるので、現場から「遠い」方の人間です。

「近い」のと「遠い」のとどちらがいいというわけではありません。
むしろ、研究業界的にも、職場組織的にも、「近い」と「遠い」の両方がいることが大事だと思っています。
そういう意味では、職場組織内では、「遠い」人間である(かつ、それなりに「近さ」にも理解があるw)ことをいかして、視野を広げたり、これまでと違うものを見たり、という機会につないでいきたいと思います。
「揺さぶる担当」ぐらいに思ってます。

そして、そのためにもですし、自分のためにも、僕自身がいろいろなところに「出て行く」ことをしていきたいなと思っています。

評価のリテラシー

今日はマナビフェスのお手伝い.会場案内やセッションの運営などを手伝いました.

そんなわけでちゃんと聞けた話はなかったんですけど,運営お手伝いをしながら聞いた松下佳代先生の話は勉強になった.特に「評価のリテラシー」の話.先生を国際展示場駅にお見送りする道すがらもその話題になり,ナルホドなと思った.

評価を受ける経験,しかも多くは似たタイプの評価(テストをして結果について相対的な評価を受ける)ばかりだから,評価に対してナイーブになりすぎるんじゃないか,評価をする経験や事なるタイプの評価を受けることがもっとあってもいいんじゃないか,そういう経験を通じて「評価のリテラシー」を高めることも大事なんじゃないか,と.

20180810_234132

評価のリテラシーということはあまり考えたことがなかったので色々と考えるきっかけになった.

博多【BASES】コワーキングスペース

博多にあるBASESというコワーキングスペースにいった。その感想をば。

思えば、かつてはこういう記事書いてたし、まぁまぁコワーキング行ってたと思う。

でも、最近は減った。なんでかなと考えたら、時間拘束の職について、そとを歩き回る機会が減ったからだと思う。

さて、今回、出張の帰りに飛行機まで時間があったので久しぶりに探して行ってみた。

博多駅前のBASES 。駅から近いのが最高に便利。どんなにいいコワーキングでも交通の便が悪いとちとおっくうになる。

20180727_151813

また、ここはなんとなくノンビリした場だ。やたらとオシャレだったり、ギラギラした感じがあると、それはそれで疲れる。

ここはそういう雰囲気がない。みんなノンビリしている。おじいちゃんもいる。スタッフの方?も利用者にまじってる感じ。気楽に話しかけられる。

20180727_151818

そして料金が安い。ドロップインで一日千円くらい。一時間じゃないよ、一日だよ。

それでいて、もちろん電源やWi-Fi、飲み物はちゃんとしてる。

うむ。素晴らしい。居心地いい。また博多に来たら利用しよう。

けむけむにまきまき

「そもそも論から考えよう」というスタンスで話を始めた人が,「クリティカルシンキングって大事ですよね」「レジリエンスって大事ですよね」みたいな,フワッとした言葉でしか説明できなかったり,「▼▼っていう学者が●●って言ってます」みたいなことで何か説明したみたいな感じになってたりすると,聞いてる側としてはやっぱり,けむにまかれたような感じになるよね.

じゃーチミかわりにやってみて,とか言われると困るんだけれども.

イチサンカシャとしてはそんなことを思っちゃった.

先日イベントでやったアイデアソンを授業で試してみた

先日やってみたアイデアソン,問いをちょっと変えて授業でやってみた.

20170627_140902

結果としては,結構,盛り上がったように思う.

テーマ:新しい修学旅行を考える.学びと思い出の両立.予算7万円

アイデアソンのこと,まだ詳しくありませんが,二つの目的で使えそうな気がする.

一つは,プロセスを通じて互いのコミュニケーションを改善したり,共通のビジョンを持つようなことを目的にするもの.もう一つは,結果として出てくるソリューションの開発を目的とするもの.

これまでのアイデアソンはアプリ開発やものづくり,街づくりなんかに関わるものが多いと思うけど,アプリ開発は後者だけど,まちづくりは前者の場合も多いかなと思う.企業と提携したりして,実際にサービスが生まれる場合,3Dプリンタを使って実際にものづくりができる場合とかをのぞいた場合(自分の授業含む)は,ソリューションやプロダクトを目的にするのがなかなか難しそうで,前者の話になるのかなと思う.

 

その場合,ようは話が盛り上がって,コミュニケーションが活発になることを目指すなら,実現可能性なんかに関する厳密な議論は時には必要ない可能性もあるし,それを問うような問いのたて方も必ずしも必要ないのかも.

この問いのたて方含め,まだまだ改善の余地はありそうだけど,面白いものになる可能性をひめている気がする.というわけで,これからもいくつかやってみようと思う.

イベントについては,またいずれレポートを書きやす.では.