カテゴリー別アーカイブ: 大学授業

分からないからこそ考える そしてそこには信頼がある

ある授業での、ある先生(A)の一言について、同僚の先生(B)が言ってた言葉。

「あの先生(A)が言ってること、(そこにいる人たちに)全然伝わってなかったでしょ」

この言葉に少し引っ掛かった。なぜなら、僕自身はその先生(A)の授業中の言葉に体がビクんと反応したからだ。むしろ、

「あ、いまあの先生(A)、すごく大事なこと言ってる」

感覚的にそんな気がしたから。僕も、その先生(A)が何を言いたいのかはその場ではわからなかった。でも、体がその先生(A)のその言葉を「受け止めたい」と反応した。

実際、その言葉を三日間くらい反芻した。気になって本も読んだ。その先生(A)にメールもした。大いに学びのきっかけになった。

わからないからこそ考えたんだと思う。

わからないからこそ考える。

この姿勢を身に付けたきっかけは、やはり研究だと思う。考えて、考えて、考える。

これが他者(というか院生)にとっても意味あることなんだと気づかせてくれたのが、今年のオランダ視察。

ずーっと考え続けている院生がそばにいて話しかけ続けてくれたこと。

そのことが自分自身にもたくさん考えるきっかけを与えてくれたこと。

僕自身がある言葉について考え続けていたことが、別の院生さんに考えるきっかけを与えたこと。そしてそれ自体をその院生さんが場に共有してくれたこと。

そういう言葉がいまの自分につながっていると思う。

冒頭の言葉に戻る。

なぜその先生(B)との認識にズレが生じたか。

その先生(B)も、とても敏感で、考えることに価値をおいている先生だと思う。

でも、この場(教職大学院)が、考え続けることに価値をおいていい場なのか、それを表明していい場なのか、についての感覚には差があるかもしれない。

僕自身、いつも考えるきっかけをくれるその先生(A)に会ってなかったら、オランダに行ってなかったら、外に出していいと思えてないかもしれない。

「外に出していい」のベースは信頼だと思う。

わからないことや、わからないことを考え続けていることを、表に出していいんだという、互いの信頼。

それを得られていたり、折に触れて、見せあえていることが、大事なのかもしれない。

そんなことを考えた木曜日。

 

※なお、「分かりやすい」ことに意味がないとは全く思ってません。むしろ、すごく大事なこと。分かりやすいからこそうごく、しこうする、も多分にある。そこを二項対立に捉えたらもったいない。

8つの問いを授業づくりの時点で使う

コルトハーヘンの8つの問いという有名な枠組みがある。

img054

※コルトハーヘン箸・武田ほか訳「教師教育学」2012/学文社(画像自身は関根さんのブログから拝借)

これ,基本的にはリフレクションの中でつかう想定なんだけど,

授業づくりの時点で,子どもの頭や心を想像してもらう意味で

使ってもいいのかも,なんてことを思いました。

 

以前の記事(GO)にも書いたけど,いろいろな授業を見にいっても,

授業の展開とそこでの論理的(?)つながりばかりで,

「それをすると子どもたちの頭の中や心の中がどうなるんだろう」

という想像が全然できてないように思うので。

 

とはいえ,改めて考えるとこれも結局入れ子で「考えなさい」と言って,

学生の頭の中で「考えてみよ」となるわけではないと思う。

リフレクションの場面から実感していくこと,そこからなのかなー。

まぁいろいろやってみよう。

今日の授業はいまいちだった

結構おいてけぼりにしたし,自由な空間でなかった

一進一退。

オランダ視察

ツイッターより。
オランダの学校を院生(現職&ストマス)と見てきた。今回はこれまで以上に充実した視察になった気がする。

視察後には長時間の対話を行った。次のような対話が行われていたと感じた。
①実践を自分の現場で活用できるか考える
②実践内容やそこにいる人から、価値観を感じとり、その価値観を自分の現場で体現しようとしたらどうなるか考える
③異質なものを見る時に、自分の視点がどれだけ経験に縛られてるかを体験する
④↑を乗り越えるために、その現場で感じた事実(例、フィールドノート)に立ち返ったり、他者との感じ方の違いについて考えることを通じて、何度も「本当か」「何故か」と問い続けること。
③④の対話をする姿は、国内ではあまり見られてこなかった。異質なものに触れ、非日常の場にあり、集中的に対話の時間がとれたこと。これらの条件が揃えられたからこそであり、海外に来ることでこれらは実現しやすくなる。
対話までの間に自由時間があったのもよかった。集団行動してると、集団内の熟達者の発言にひっぱられる。
自画自賛っぽくなっちゃうけど,とにかく,今回の視察は学びが大きかった。詳細はまた今度。

https://platform.twitter.com/widgets.js

非常勤が始まりました

今日から今年度の非常勤が始まりました。
専修大学での「教育学入門」です。

今年はなんとなく、去年より、ナナメに構えながら授業を考えていこうと思っています。
去年は、なんだか形を気にしすぎて、正面突破しようとしすぎました。
その反省をいかして、今年はナナメにいこうと思います。

さて、今日は第一回。

どえらい人数が多かった(2コマで650人)ので、サムイ感じでいこうと決意を固め、「調子にのってる町支です」から初めて、ペラペラとしゃべってきました。おサムいオヂサン的なキャラ設定をすることにより、履修人数を減らしていこうという作戦です。
これには、なんだか付随する効果があって、適当にしゃべればしゃべるほど、『ときどき見せる真面目さ』が際立つ気がしました。妙にエッジの効いた、メリハリのあるトークをしているような、なんだか、そんな気分でした(自画自賛)。

ちなみに、この人数なのでワークとかはヤリづらいところもあります。色々と試みたいとはおもいつつ、まだ形は見えてきてない、そんな感じです。

さて、その後、内田洋行@八丁堀で打ち合わせをして、本郷に行って、帰ってきましたとさ。

ほんで、さきほど、今日の授業について何か書かれてるかなと思ってエゴサーチしてみたところ、案の定、いくつか出てきました。
twitterには、「履修人数を減らすためにサムイギャグを連発しとる教授がいた」的な書き込みがあり、(教授ではないけど)もしかしたら僕かな〜と思ってたどってたら「ピコ太郎やりはじめた」とか書いてあったので自分だと確信しました。

ピコピコピコリーン。