カテゴリー別アーカイブ: 教員研修

「学びの場を一緒に作る」~静岡県の高校で未来予測のワークをしてきました~

先週,静岡県の高校で校内研修を行ってきました.
内容としては,ざっくり言うと,今の学校の「らしさ」を考えうえで,社会や地域等の変化もふまえて5年後について予測してみる,というワークです.
これから数年,学校教育には激動の時代が訪れようとしていますし,「まずいったん,自分たちがどういう状態なのか考えてみる,これからどんな変化が訪れそうかを当事者として考えてみる」.そんな機会を一緒につくりたいと思って研修を行いました.

ike2

レゴ使いつつ未来予測.

内容そのものもですが,今回は研修を作っていく過程がとても印象に残っています.
単に「●●をテーマに」といった形で依頼を受けたわけではなく,担当の先生と相談しながら作り上げました.
深夜に電話で,街のカフェで,時にはスカイプで...
担当の先生たちがどういう問題を感じているのか,他の先生たちにどういうことに目を向けてほしいと思っているのか,そういった事を聞き取りながら,ともにアイデアを出しながら作りました.

「担当の先生」と書きましたが,その方は,数年前に大学院で一緒だった先生です.
静岡県からの派遣研究生ということでうちのコースに来られていました.
当時から「やわらかい先生だな」とも思っていたし,どこかスマートで,男気もあって「この先生と一緒に働けている先生は幸せだろうな」と思っていました.
そんな気持ちをところどころで伝えていたこともあって,先生が現場に帰られてから数年たって,こうして「一緒に働ける」機会が作れました.

もう一人関わってくださった先生は,その「担当の先生」の役割を引き継いだ若い先生.
一緒にいたら溶けてしまうんじゃないかと思うくらい,キラキラしてて,前向きな先生.
その前向きさに感化されて,僕も「最後まで一生懸命考えたい」,「粘りたい」と思って研修を作りました.
実際に研修を行ったのはたった90分だったけど,そのプロセスまで含めると,間違いなく「一緒に仕事ができた」気がしています.

ike3

#御前崎に来たよ

さて,今回,いろいろとワークを詰め込んだこともあって,どこまで「刺さったか」と考えると反省も残ります.感想を見ても,おおむね良さそうなことを書いてくれていますが,なんとなく「浅い反応」,という気がします.
一緒に作ってきた先生からは,事後に,「今回の研修で考えたようなことを,これからも日常のなかで考えてほしいんだよね」という言葉をいただきました.やはりそこまでは掘れてはいない気がしますし,最初からその点をもう少し意識して立てば良かったように思います.

そういう意味でも,まだまだ磨きがいがありますし,これからもやっていきたいです.
また,今後も今回のような形で教育委員会や現場の方と関わっていけたらなと思います.

強みをいかす学校づくり :カリキュラム・マネジメント研修

先週、某自治体の教育課程の協議会(高校)におよばれし、講師をしてきました。
マナビラボチームで研修に参加するのは今回が初めて、かつ、コンテンツも刷新して初めてだったので、なかなか緊張度高かったです。

内容のポイントは2つ。

①まずは、「マネジメントを考えるとき、強みを意識しよう」ってこと。ポジティブ心理学とか、AI研修っぽいことをイメージして考えてみました。
例えば、4Dプロセスも紹介してみました。

スクリーンショット 2017-08-24 11.08.37

<参考:山田(2016)「学校のポジティブな組織開発が教職員に与える影響の過程の探求」> 

 
②もうひとつは、「やりたいこと」と「教科横断」の関係。

教科横断のために他教科と連携するのではなく、取り組みたいテーマや育てたい力がありその目的にかなうからこそ教科横断していた、という形がいいんじゃないだろか。
という提案。

行政から示されて、「やらなきゃ」ってなると、得てして手段が目的化してしまうことが多いので、一歩立ち止まろう、という話。

以上2つをポイントにしてやってみました。
これらのポイントを、具体的にどんなワークを通してやったかはまたいつか。

進め方にはまだまだ課題もありましたが、内容は悪くない感じがします。
チームでよりよいコンテンツにしていけたらと思います!!

持続可能な授業研究

先日、とある小学校の校内研修会に参加した。
今後求められる資質能力をふまえ、具体的な提案を含んだ、大変学びに富んだ会だった。
ところで、今回の講師の先生のコメントの中で一番印象に残ったのは次の言葉。

「終わったとき、『あぁ、もっと面白い授業したい』とか『もっと深めたい』と思うような研究しましょう」

ということ。当たり前と言えば当たり前なんだけど、結構そうでない場合も多い。

「『もう二度とやりたくない』と思うような研究ならやめときましょう」

そんなことも言ってらっしゃった。
出来なかったことを指摘しあってボコボコにしたり,形を整えるために莫大な労力をかけたり,そういうことになりがち.そんなんなるなら校内研究も考えもんだよね.

肯首肯首.
肯首肯首肯首.

自分のやりたいこと

自分のやりたいことを再確認したので,ここに書いておきたい.

===============

僕がやりたいのは,「仕組み作りから教員の力量形成を支援すること」である.

そのために,「①教員の力量形成とその要因・背景を分析すること」である.
その結果をもとに,「②政策提言」したり,「③研修開発」したりすることである.
研修に関して言えば,自分自身が「④講師をつとめる」ことも
そして,その政策や研修を「⑤評価」し,その「⑥効果を分析」し,「⑦改善を加える」ことである.

①⑤⑥は研究
②③⑦は研究者としての実践
④は実践者としての実践.

ただ,よく考えたら①→②③の関係と,⑤⑥→⑦の関係は同じ.
【調べて作る】
「⑤⑥→⑦」は,自分の作ったものについても検討するよ,という違いだけ.

より具体的に.
横浜メンターチームは①~⑦全部
川上先生との研究は,①→②③ ①中心
中田先生との研究は,①→③あたり.自治体単位でなく学校単位だけど.
中堂先生との研究は⑤⑥→⑦あたり.
レゴとかリフレクションとかは③④あたり.

教員養成課程で働きたいのも,この枠組みに乗るからだと思う.

お知らせが2つ [5/7 教師教育 ] [6/3 教員のキャリア(SL) ]

近日開催予定のお知らせが2つあります
・[5/7 教師教育の会 @桐朋小]
・[6/3 教員のキャリア,特にスクールリーダー(ミドル,管理職)についての会@NEE ]

———-

●[5/7 教師教育の会 @桐朋小]

5/7に,石川晋先生とともに,教員の成長と育成について語り合う会を開きます.場所は桐朋小学校です.

若手の先生との関わり方や,教員が力をつけられる学校のあり方などについて,一緒に考えませんか?
濱口恵美さん,つかはらかずおさん,山辺恵理子さん,関口潤さんらとご一緒します.是非,よろしくお願いします.

以下のフライヤーをクリックしていただいて,先生ポータルからも申込みいただけますし,メール workshop@reflect.or.jp でもお問い合わせ,お申込みいただけます(件名を【5/7 ワークショップ申し込み】と記載してください。)

教師教育

———-

●[6/3 教員のキャリア,特にスクールリーダー(ミドル,管理職)についての会@NEE ]

6/3に,New Education Expo にて,セミナーの講師をつとめます.

脇本さんや横国大の大内先生,横浜市教委の柳澤先生,木村さんとです.
これからはカリマネ含め教育経営の時代がくるなと思ってます(本気で).共同研究の調査報告を含め,スクールリーダーの職務や職能成長について考える時間にできたらと思います.よろしくお願いします.

============
https://edu-expo.org/nee2017/index.php
※以下の順にクリックしていってください.
>東京会場
>タイムテーブルから
>6/3(土)の第7セクション15:40〜
============

子どもが成長する学校のつくり方
~スクールリーダーの成長と育成に関する調査報告~
受講する
【コーディネータ】
横浜国立大学 教育学研究科 准教授 脇本 健弘
横浜国立大学 教育学研究科 教授 大内 美智子
横浜市教育委員会 教職員育成課 主任指導主事 柳澤 尚利
東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員 町支 大祐
立教大学 経営学部 リサーチアシスタント 木村 充

———-