カテゴリー別アーカイブ: 教員

教育経営の時代 : 「カリマネ」をこえて

大きなタイトルをつけてしまった笑。
たぶん、夜、眠い状態で書いてるからだと思う笑。
これから数年間つきあうことになるかもしれない「カリマネ」ってものについて書いておきたい。
思ってることをダーーーっと書いとこうと思う。

カリマネ。
カリキュラムマネジメントの略。

カリキュラムマネジメントには三つの視点があるという。

=====
1、各教科等の教育内容を相互の関係で捉え、学校の教育目標を踏まえた教科横断的な視点で、その目標の達成に必要な教育の内容を組織的に配列していくこと。
2、教育内容の質の向上に向けて、子供たちの姿や地域の現状等に関する調査や各種データ等に基づき、教育課程を編成し、実施し、評価して改善を図る一連のPDCAサイクルを確立すること。
3、教育内容と、教育活動に必要な人的・物的資源等を、地域等の外部の資源も含めて活用しながら効果的に組み合わせること。
=====
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1364319.htm

「教科を越えて、学内外のリソースを活用しながら、教育課程について評価改善する」こと。

カリマネに対しては批判があるらしい。
現場への丸投げじゃないか、と。

ALやるけど、内容けずらないよ。
経験主義も系統主義もやるよ。
そこまで膨らましといて、絞るの、選ぶのは学校任せ。

確かにこれは丸投げと言われても仕方ないかもしれない。

でも、一方でこれを本当に実現できるなら、それはそれで悪くない。
文科省や誰かに押し付けられた「必要なこと」じゃなく、学校や教員自身が重要だと思うことに注力するということ。
それ自体は悪くない。

ただし、「出来るなら」
そういう意味では、結構、「賭け」なのかもしれないと思う。
(中教審や文科省がそう認識してるかはわからんけど)

その意味じゃ、正直言って、賭けに出るのは早すぎると思う。
改革なり、改訂なり、ここんところ詰め込みすぎだと思う。
理想論語りすぎだと思う。
普通にやれば、消化しきれない。

でも、じゃあ一方で、失敗したほうがいいかといえば、もちろんそんなことはない。
おそらく、この賭けに失敗したら、そこからもう一度一歩踏み出すには、もっと時間がかかりそう。

マナビのあり方(指導要領改訂・主体的対話的…)、その運営方針(カリマネ)、教員の力量(養成採用研修の改革)、これらを全て無にしかねない要素(多忙)の改善(働き方改革)、、、これらを一気に一体的に変えていこうという賭け。
今、賭けに出るべきなのか、という疑問は残らなくはないけれど、おそらくこれはもう、後戻りすることはないと思う。

だとしたら、僕はこの賭けにはノリたい。
僕は、なんとかして賭けがうまくいく方にかけたい。
この変革に対してプレーヤーとして関わりたい。
うまくいくべく後押ししたい。

ところで、実際のところ、カリマネって何なんだろうと思う。
カリキュラムの検討のために時間や会議を作ればうまくいくかといえばそうじゃないだろう。

そもそも、授業のことちっとも気にしない校長だったらこんなんできないし、他教科のことをどうでもいいと思うような教員集団なら「教科をこえて」なんてできっこない。
それに、どう考えたって、取捨選択するには教科間の軋轢なんかも避けて通れないわけで、組織としての意思決定のありかたが鍵になるのは間違いない。

つまり。

カリマネってのはカリキュラムの話に閉じられたもんじゃない。
結局、「組織としてどうなの」ってことが問われるんだと思う。
マナビや子どもたちの成長ってのを真ん中に据えて、組織が組織として意思決定して、機能していけるかって話だと思う。

「マナビを中心とした学校づくり」

これは、ちょっと前の話になるけど、「学校づくりゼミhttps://gakkoudukuri.wordpress.com/」とかでやろうとしていたこと。これが必要とされる時代がほんとにきたんだと思う。

まさに教育経営の時代がきたと思う。

これらを実現していくために、いくつかの鍵があると思う。

重要なのは、リソースや社会の支援・理解。
これはもちろんそう。

もう一つの大事な点は、トップの力。

学校はボトムアップが大事だと思う。
「私は黒子だから」的な校長も多い。
もちろんその通りだと思うけれど、一方で、「存在を消していい」わけではない。
表に立たなくても、ちゃんとマネジメントする人としない人がいる。
トップがマネジメントできるかどうか。
これは、今後さらに重要になると思う。

これまでも『校長が変われば学校が変わる』と言われてきた。
校長が大事という認識はこれまでもあったと思う。

でも、それは、いい校長がきてくれるかどうか、という、いわば当たり外れの話だった。
一方で、力量形成へのあきらめも表しているように思う。
結局、「できる人」と「できない人」は決まっていて、その「どっちが我が校にくるか」次第って話のようにも聞こえる。
つまり、「できない校長」が「できる校長」になっていくとは、想定されていないようにも思う。

僕はここんとこをどうにかしたいと思う。
校長の力量形成やその支援ってのは、もっとできるんじゃなかろうか。
専門職基準が出されたり、いろんな研修をやってらっしゃる先生はこれまでもいた。
その先生たちのことは本当に尊敬している(あの先生みたいになりたいと思ってきた先生もいる)。
僕自身、そこに新たな一歩を加えられるべく関わりたいと思う。
傍観してるよりはよっぽどまし。

前回のブログにも書いたけれど、「力量形成について調査して、それを生かして仕組みや研修そのものを作っていく」という形。
その校長バージョンをやっていきたい。
やっていきたいというか、やる。
というより、やることになっている。

マナビラボで。

ここんとこ、校長の力量形成について、横浜市の調査もあったし、国研の調査も行われたらしい。
これから、マナビラボでも調査を行っていく。

そういう知見をいかしつつ、校長研修や、校長の力量形成についての仕組みを考えていく。
30台の僕がやるのはおこがましいかもしれないけど、やっちゃう(笑)
やっちゃうやっちゃう。
やっちゃうぞー。

という宣言で終わりたいと思います(笑)
みなさまおやすみまさい。なさい。

自分のやりたいこと

自分のやりたいことを再確認したので,ここに書いておきたい.

===============

僕がやりたいのは,「仕組み作りから教員の力量形成を支援すること」である.

そのために,「①教員の力量形成とその要因・背景を分析すること」である.
その結果をもとに,「②政策提言」したり,「③研修開発」したりすることである.
研修に関して言えば,自分自身が「④講師をつとめる」ことも
そして,その政策や研修を「⑤評価」し,その「⑥効果を分析」し,「⑦改善を加える」ことである.

①⑤⑥は研究
②③⑦は研究者としての実践
④は実践者としての実践.

ただ,よく考えたら①→②③の関係と,⑤⑥→⑦の関係は同じ.
【調べて作る】
「⑤⑥→⑦」は,自分の作ったものについても検討するよ,という違いだけ.

より具体的に.
横浜メンターチームは①~⑦全部
川上先生との研究は,①→②③ ①中心
中田先生との研究は,①→③あたり.自治体単位でなく学校単位だけど.
中堂先生との研究は⑤⑥→⑦あたり.
レゴとかリフレクションとかは③④あたり.

教員養成課程で働きたいのも,この枠組みに乗るからだと思う.

お知らせが2つ [5/7 教師教育 ] [6/3 教員のキャリア(SL) ]

近日開催予定のお知らせが2つあります
・[5/7 教師教育の会 @桐朋小]
・[6/3 教員のキャリア,特にスクールリーダー(ミドル,管理職)についての会@NEE ]

———-

●[5/7 教師教育の会 @桐朋小]

5/7に,石川晋先生とともに,教員の成長と育成について語り合う会を開きます.場所は桐朋小学校です.

若手の先生との関わり方や,教員が力をつけられる学校のあり方などについて,一緒に考えませんか?
濱口恵美さん,つかはらかずおさん,山辺恵理子さん,関口潤さんらとご一緒します.是非,よろしくお願いします.

以下のフライヤーをクリックしていただいて,先生ポータルからも申込みいただけますし,メール workshop@reflect.or.jp でもお問い合わせ,お申込みいただけます(件名を【5/7 ワークショップ申し込み】と記載してください。)

教師教育

———-

●[6/3 教員のキャリア,特にスクールリーダー(ミドル,管理職)についての会@NEE ]

6/3に,New Education Expo にて,セミナーの講師をつとめます.

脇本さんや横国大の大内先生,横浜市教委の柳澤先生,木村さんとです.
これからはカリマネ含め教育経営の時代がくるなと思ってます(本気で).共同研究の調査報告を含め,スクールリーダーの職務や職能成長について考える時間にできたらと思います.よろしくお願いします.

============
https://edu-expo.org/nee2017/index.php
※以下の順にクリックしていってください.
>東京会場
>タイムテーブルから
>6/3(土)の第7セクション15:40〜
============

子どもが成長する学校のつくり方
~スクールリーダーの成長と育成に関する調査報告~
受講する
【コーディネータ】
横浜国立大学 教育学研究科 准教授 脇本 健弘
横浜国立大学 教育学研究科 教授 大内 美智子
横浜市教育委員会 教職員育成課 主任指導主事 柳澤 尚利
東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員 町支 大祐
立教大学 経営学部 リサーチアシスタント 木村 充

———-

後ろへ前へ。

近々、東大生のキャリアについての本が出る。
本の趣旨はちょっと忘れてしまったんだけど、とにかく、たくさんの東大生?元東大生?のキャリアを紹介するという本だった気がする。
今回、その内の一人として自分のキャリアについて紹介する機会をえた。
東大の経済学部を出て、中学校教員になって、大学院に戻ってきて、研究の世界で走り出したところ・・・みたいな話。

その中には、指導教員である勝野先生のコメントもあって。
勝野先生は僕のことを「ブレない人」と評してくれた。
その言葉が僕は頭にのこっていて、その時は結構(かなり)嬉しかったんだけど、それ以来、僕の中の何がいったいどう「ブレてない」んだろうと気になっている。

ちょうど最近、岩瀬先生の「根っこ」に関するブログを読んでいて、僕の根っこってなんだっけって思いがあったのにも関わる。
また、先月の中原研のACCで自分の個人研究(異動研究)の話をしていて、そもそもなんでこの研究をやっているんだっけ、ってなことを考えたのも、関係しているかも。

僕の中では、勝野先生の言葉とむしろ逆で、ちょっとここ数年、ブレッブレだなと思っていたりする。
任期のない職、やりたいことをやれる職を得ることに躍起になっていつつも実現しておらず、結果、たぶんこの2年で50くらいの公募に落ちたりして(ま、そりゃ当然だ)、だいぶ自分の心が散らかっている気がする。笑
何が目的で何が手段だったのか。
そのへんが散らかっている。

おっと、自虐っぽくなってしまった笑

とはいえ、別に悲観的になっているわけではなく、グダグダ漂流しつつも、意味のない時間はなかったなと思っている。
それに、2017年度に向けて、結構、楽しみに思っている。
業務がかなり「自分のやりたいこと」に近づいてきたイメージ。
心にボッと火がついていて、やったろー的な気持ちです。

そんな風におもう2017年3月30日14時32分。

グググと引き込まれる勉強会って。 : 「主権者教育と生徒会活動」の勉強会に参加して

土曜は、社会科に関わる民間勉強会に参加した。
テーマは「主権者教育と生徒会活動」。

▼ 主権者教育

会は、松下政経塾出身で湘南台高校のシチズンシップ教育などの実践で知られ、現在、神奈川県教委の「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議で座長をつとめておられる西野偉彦先生の講演、それから、かつて私が勤めていた横浜市立中学校の先輩である北村明裕先生の、実践をもとにした講演、の二本立てであった。

20170227_024510

当日資料の一部

前半の西野先生の講演は、途中から加わったので全体を見ることはできなかったが、ドイツの学校会議の事例は非常に興味深かった。学校会議は、生徒代表と教員代表や外部委員等によって構成され、実際に校長の選出(承認だったかな?)に権限を持っている、とのことだった。
また、最後の質疑応答の時に少し話されていた「きれいな政治参加だけを見せる必要はない」といった言葉が非常に興味深かった。主権者教育はある意味、民主主義の理想を見せたいと思ってしまいがちだが、でも、実際の政治においては、政治に失望したり、しがらみが絡んだり、グジャグジャしている。そういったところも含めての「主権者教育」であり、「生徒会活動」のなかにはそういう要素もあってよい、という話が(おそらく西野さんのお話の主要な論点ではなかったかもしれないが)なんだか力強くてとても印象に残った。(参考リンク:西野先生のサイト

また、北村先生のお話は、私が実際に勤めていた中学校の実践について話されていたので懐かしさもありつつ、北村先生の実践に対する用意周到さ(?)というか、きめ細やかさを感じるものだった。3年間を見通して、子どもを育てつつ、学校も変えていく姿勢を久しぶりに感じられて、懐かしかった。すごく実践的で、たくさん参加されていた現場の先生方にとってすごく参考になるお話だっただろうと思う。

北村先生の話の中で、私自身にとって特に印象に残ったのは2点。
一つは、「あくまで主役は全校生徒だ」という話。そして生徒会は、それを醸成していくための「仲間」である、というところ。仲間として育て、一緒に関わる中で、結果的に一番育つのは生徒会役員であろうが、それでもあくまで主役は「全校生徒」であり、全校生徒に「自分で決めて、自分で変える」を体験させることがゴールである、と語られていたし、その目標を生徒会とも共有していた、と。確かにここを間違えると、単に生徒会にリーダー経験をさせるだけになってしまう可能性があるし、見るべきポイントがズレてしまうかもしれない。
もう一つは、フォロワーシップの話。私自身、フォロワーシップは重要だと思っている。生徒会だけが先走って色々と前に進めても、それが浮いて見えちゃったら話にならない。また、上の話と合わせて考えれば、全校生徒を主役にするには、生徒総会の場だけで完結する話ではないはずで。。。そのあたりを北村先生に質問してみたところ、北村先生の答えは、「草の根から民主主義を経験させる」ということであった。班長選びにしてもそう。「選ぶ-選ばれる、そこに権限と責任を生じさせる」という経験を草の根からやっていく。惰性でやるのではなく、丁寧にやる。そこから主権者教育は始まるんだ、という話だった(熱い!!!)。
学校全体が民主的でなければ民主的なクラスは作れない、という話がどっかであった気がするけれど、それと似た様な所があるかな。クラスのちょっとした一場面からして民主的じゃなければ、民主的な生徒会は行えない、という話かなと思う。このあたりが印象的だった。

▼ 今の世の中をどう捉えるか

さて、ここからはちょっと話は変わって、勉強会の2次会で感じたこと。

f0140365_1922161

ホッピーたくさん飲みました…

これまでも北村先生の「熱さ」「暑さ」にはいつも感化され(圧倒されw)てきたところがあるんだけど、「この熱さはどこから来るんだろう」と2次会のあいだ考えていた。で、その結果思ったこと。それは、出発点が「学校」ではなく「社会」だってことかもしれない。

昨日の飲み会でも所々で、「今の社会ってさ…」「子どもたちが生きていく社会ってさ…」という発言があった。そこがスタート地点なのだ。いつも、これからの社会に必要なこと、これからの子ども達に必要な力を自ら考えているし、そして、それが学校教育を通じて達成できると信じている。昨日の話で言えば、主権者教育はそういう北村先生の思いを実践に落とし込んだらたまたまそうなったという話で、出発点は、北村先生が今の世の中をどう捉えているか、というところにある。

一方、僕も含めて参加者は「主権者教育ってどうやるの」というところから考えてしまう。なんとなく必要そうだからやるわけで、かつ、それによって世の中がどうなるかなんて考えたりしない。本当によのなかに関係していくのか、さえ意識していない。もちろん、北村先生だって表立っては「世の中のために」なんて言わないけれど、いつもどこかそれが念頭にある気がする。
こういう勉強会に参加することはたまにあるけど、なんというか「ぐぐぐ」と引き込まれる時とそうでない時がある。その違いも、ここにあるのかも。○○教育や○○法のハウツーを教わるような会に出ても、なんとなく引き込まれないのは、そのあたりかもしれない。。。そういった意味で、昨日の勉強会はとても面白かった。

▼ 熱さの一端を…

そんなことを感じた夜だった。
自分自身、イベントを開催したりする時もあるわけで。
そう思うと、北村先生ほどの熱さを身にまとうことはないと思うけど(笑)、でも、自分自身の土台として「世の中とその実践との関係」については考えていきたいし、どこかそういうものを感じさせる人間でありたいなと思う。

以上