カテゴリー別アーカイブ: 教育行政

【動画】働き方研修プロジェクト:巻き込み×データ対話による86校での実践を目指して

横浜市教育委員会とともに、3年間の働き方プロジェクトを進めてきました。
1年目は実態調査、2年目はモデル校実践、3年目は研修を通じて86校で実践。

この3年間の中で、私たちのプロジェクトが重視してきたのは、「自分たちの働き方を自分たちで決める」ことです。

なぜこれを大切にしてきたか。

働き方は、最後は個人に帰結します。
どんなに無理やり「定時退勤だ」と言われても、結局「帰れない人」「帰りたくない人」「帰った形で別の場所で働く人」を生んでしまいます。
それどころか、「帰れ」という側(言う側もどこか無理をして言っていたりするかもしれません)と「はいはい」と動かされる側に嫌な空気さえ流れる。
結局、腹落ちしないで押しつけられた定時退勤も、部活動休養日も、資料共有も、様々なルールも長続きしない可能性が高いです。
決めたルールも使おうと決めたシステムも、ちょっとずつゆるくなっていく、曖昧になっていく。
つまり、「ウヤムヤ化」が起きます。

だからこそ、「自分たちで決める」なのです。

以下の雑誌記事には、先日の成果報告会の様子が記されていますが、記事の中にこんな文言があります。
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/17938

”「『自分たちの学校にとって必要だ』とみんなで話し合って決めた改革案を途中で投げ出すわけにはいかない」”

それぞれが自分ごとと思って働き方改革に向き合われたからこその言葉ではないかと思います。

しかし、”「自分たちで決める」と言っても、「自分たちの中から」多様な意見が出て、結局何も決められないんじゃないか、何も変えられないんじゃないか・・・”
確かに、そうなり得ます。
我々もそれを危惧しました。

だからこそ、私たちは目的の共有と、対話、意思決定にこだわりました。
つまり、「決め方」です。
データを用いた対話と、ワークショップ的な手法を活用しました。
詳しくはこれから論文等で示していく予定です。

※決め方の「一端」は、下記の書籍に書いています。
スクリーンショット 2019-02-07 3.57.25
データから考える教師の働き方入門(毎日新聞出版社)

1番のポイントは、「みんなでワークショップをおこなって決めていく」ことです。
ただ、丸腰でそれを行っても上記の懸念のように、「決められない」かもしれません。
だからこそ、「その対話を可能にする」ためにデータを用いるわけですし、
「意思決定の質をあげる」ためにデータを用いるわけです。
そしてそして、これらの取り組み全体を実現可能にするために
「プロジェクトチームを組む」わけです。

と言ってみても、詳細は伝わらないと思います。笑
その辺りについても、これからアウトプットしていきたいと考えています。

最初に書いた通り、2年目はこの実践をモデル校で行いました。
我々も学校の中に入って、一緒に行いました。
そして、3年目は、それを86校で実践する、という取り組みを行いました。

この実践、モデル校に我々が入って一緒にやるとき(2年目)でさえ、それまでの学校との共同実践に比べて、難易度【1000】倍くらいでした(当社比)。
ですが、これを86校で行うのは、さらに難しかったです。
難易度【243117】倍くらいでした。

「86校で行う」というのはどういうことかというと、つまり、新任校長研修を通じて、上記の取り組みを各校で運用できるよう、86人の校長先生を支援した、ということです。

後で挙げている中原先生のブログでは、この取り組みを下記のように表現しています。
===
1. 管理職をチェンジエージェント(変革の中心人物)とした働き方改革のプロジェクトを組織してもらう
2. その(各校での:町支注)プロジェクトでは、サーベイフィードバック型の組織開発の手法を用いながら実施してもらう
3. 1と2をうまく組織化するアクションラーニング型の研修を実施する
===

なんのことやら、伝わったかどうかわかりませんが、前述の、みんなで決めていく型の取り組みを推進していけるような、その推進担当者として校長先生に対する研修を行なったということです。

正直に言って、かなりハードで繊細な研修でした。
いつ火を吹くかわからない。
そんな研修でした。

働き方の研修と言っても、「考え方」を示して実際の進め方には言及しない、
「施策の事例」はたくさん示すものの実際の進め方には言及しない、
あるいは、「施策の事例」を「これが正解だ」みたいな形で強制するもの、
そういう研修って結構あると思うんですよね(自戒を込めて)

最終的にやった施策を見せられるってのは、試行錯誤した結果のみを見せられるようなもので、
実際の肝はそこに至るまでの道中にあると思うんですよね。
でも、大抵の研修は、そこの前だけか、あとだけで、実際の進め方は見えてこない。
わからない。(まぁこれは、働き方の研修に限らないと思います。)

そんな研修、そこそこまぁまぁありますよね。(自戒を込めて。2回目。)

そうならないために、どうすればよいか、ものすごく頭をひねって考えました。
研修でこの実践をすすめるということは、上記のデータを用いた対話と、ワークショップ的な手法を、我々ではなく校長自身(もしくは校内の誰か)が行うということになります。
その当事者たる校長先生方を、研修を通じて支援した、というわけです。

データの使い方は、間違うとすぐにオジャンです。
データは、その話者のトークを補強するだけの、棍棒にもなり得ます。
そんなもんでぶっ叩いても、何も組織は動きません。
いかにデータを扱うのか、そこを丁寧に丁寧に考えていきました。

ワークショップも、推進者側の独演会になってしまえば、皆を巻き込むことはできません。
場合によっては炎上してしまう可能性もあります。
そうなれば、校内には働き方改革に対する諦めが広がってしまう。
それはなんとしても避けなければなりません。
教職員の方々が自分ごととして働き方を考えられるような、そんなワークショップについても校長先生の皆様と考えてきました。

データや対話だけではありません。
この研修では(研修内ではそういう言い方はしませんでしたが)組織開発や組織変革の知見を様々に援用しました。

一歩一歩、スモールステップで進めながら、86人の校長先生と進めてきました。
繰り返しになりますが、こんなにハードで繊細な研修は初めてでした。。。

※これらについての詳細も、今後アウトプットします

そして、この取り組みは、3回の研修のみで達成したわけではなく、
進め方等を各校内で共有するためのDVD、校内で調査を行い結果のグラフ化を自動で行うためのシステムなど、様々なツールを用いました。

DVDは今、youtubeにあがっています。
是非見てみてください。(下記の画像をクリック)

スクリーンショット 2020-02-18 10.48.30

これらの取り組みおよびDVDについては、中原先生のブログでも紹介されています。
NAKAHARA-LAB:働き方改革を「熱量アゲアゲ・現場ポットンモデル」や「詰め込み・ポットン・祈るモデル」で行ってはいけない!:現場に「対話」を促すための「働き方見直し・ビデオ映像」大公開!

このDVD作成については、中原先生もさまざまな思いが・・・
(詳しくは先生のブログ↑ご覧ください)

さて、長くなってしまいました。
横浜市との取り組みは、当然、我々(中原先生、中原研辻さん、私)だけで進めたわけではありません。
横浜市教育委員会の山本朝彦さん、飯島靖敬さん、柳澤尚利さん、山内裕介さん、野口久美子さん、根本勝弘さん、立田順一さん(現・緑園西小学校)、外山英理さん(南吉田小学校)、松原雅俊さん(横浜国立大学)らと3年かけて企画してきました。
みんなで、本当に、本当に、頭をひねって考えてきました。

そして、その結果、どんな成果がでたのか。
そういったあたりも含めてこれから論文等でアウトプットしていきたいなと思います。
このブログは、そのための決意表明みたいなものです。

というわけで、最後は書くぞー宣言で終わりたいと思います。

3、2、1、書くぞー。

働き方改革に関わって3年

学校の働き方改革に関わって3年.

この問題,正直つらい.すぐ燃える.

できれば関わりたくない,とさえ思ってしまう.

多くの研究者が本気でかかわらず,お茶をにごしているのも,よく分かる.

 

それでも,どうにかしたいと思うのは,本当に学校にとって必要な働き方改革ってなんなんだろう,と思うから.

 

各自が,自分らしく,自分たちらしく働く.

これまでの強制でもなく,新たな強制でもなく.

働いて幸せになる.

それは個人としてもそうだけど,それだけじゃなくて.

この仕事について,子どもの成長を目の当たりにした時の,あの,なんとも言えない,教師としての幸せも含めて.

それらを奪うような働き方改革には賛同しがたい.

この仕事にとって行うべき働き方改革ってなんなのかをちゃんと考えていきたい.

個人としても教師としても幸せになれる働き方改革を考えたい.

行政にくさしたり,一部の教員をくさしたり,そんな言説にはお腹いっぱい.

そもそも,そこにばっかり目を向けても仕方ない.

そんなことしている間に,大事なものも失ってしまう.

そう思ってます.

「データから考える 教師の働き方入門」 予約開始! :働き方のプロジェクトにかける思い

[ミンナですすめる働き方改革を目指して]
=====
 

この半年間、辻和洋さんと心血注いできた本が、ついに、予約開始になりました。

「データから考える 教師の働き方入門」
辻和洋、町支大祐(編著)、中原淳(監修)
(クリックするとamazonに飛びます)

いやー長かった。特にここ数ヶ月は、執筆、校正などがギリギリの日程で進んで、かなり厳しい状況でした。でも、辻さんと協力しながら(イジられながら?)なんとか進めてきて、やっと、ゴールが近づいてきた気がします。

この本は、学校教育の先生たちの働き方の改善をどう進めるのか、について、主にデータを用いながら述べています。このデータの取得、分析を含め、内容の殆どは横浜市教育委員会との研究をベースにしています。本記事では、書籍の中身そのものにも関わりますが、まずは、そもそもこのプロジェクトにかけてきた自分の思いを述べたいと思います。

ーーーーーーーーーー

そもそも、この研究プロジェクトが始まったのが2年前、2017年度の4月ごろでした。僕は青学からマナビラボに移ったばかりの頃で、マナビラボでの仕事に慣れなきゃなーなんて思っていたある日、中原先生から「チョイチョイちょうしくん、あとで横浜の先生たち来るから研究室きてね」っと声をかけられたのを覚えています。当時、働き方改革のムーブメントみたいなものが(今から考えると)始まりかけのころで、今ほど具体的な方法が紹介されていたり、施策がそこまで出てきてはいない段階でした。

その頃からすでに2年間、働き方改革に関わってきたわけですが、一貫して、僕なりに大切にしてきたことがあります。それは、働き方改革を「誰かを置いてけぼりにしたまま進めたくない」ということです。別の見方から言うと、かなり丸い言い方になりますが、「”みんなで“働き方改革を進めよう」ということです。

そう考えるきっかけになったのは、SNS等で見る発信と、身の周りにいる先生たちの話とのギャップにあります。例えば、SNS上では、学校はブラックで、思考停止していて、働き方改革を進めようとしない管理職や教員はおかしい、という論調も(もちろん全てではありませんが)強いです。一方で、このプロジェクトを含め、様々な研究等で学校に入って先生方と話すと(そういった機会がたくさんあります)、働き方改革に対して「あんなのはオカシイ、一生懸命頑張る先生を否定している」と明確におっしゃられる方や、「わかるけどさー、無理だよねー」とおっしゃられる方もたくさんおられました。
こういった考え方、感じ方のギャップが、様々な場面で亀裂・対立として表面化しているのもたくさん目にしてきました。例えば、SNSを見ていると、教員の労働環境を変えることに一生懸命になっている先生が、働く学校内で孤立したり苦しんでらっしゃる姿がたくさん綴られてました。一方で、新聞や雑誌等に寄稿された、「教員は、子どものために時間をかけて丁寧に向き合うべきだ」といったようなメッセージが、ボコボコに叩かれているのも目にしました。

私は、この点に危惧を感じました。そもそも教員の働き方を改める目的は、もちろん教育の質の向上や転換もありますが、直接的には教員の働き方を改善し、教員が幸せに生きられるようにすることだとおもいます。ですが、私から見れば、働き方改革のムーブメントによって、学校という職場が幸せになっているとは思えなかったのです。(もちろん、それに成功されてる学校もあります)

ここを「どうにかしたい」という思いでプロジェクトに関わってきました。

教職志望者の減少をはじめ、様々な状況を見てみると、学校という職場がこれまでの働き方のままで持続可能だとは思えません。制度や政策もどんどん変える方向に進んでいます。(本書も、「いかに進めるか」を重要なポイントとしています。)でも、このまま、その方向性に納得していない先生たちを置いてけぼりにして、そういった方々を単なる抵抗勢力とあつかっていけば、当然、その先生たちはどんどんシラけていくでしょう。自分が人生をかけて築いてきたものが押し流されるように否定されれば、多くの人が不幸せに感じることでしょう。
一方で、そのように無理矢理変えていくことは、改革の行く末にも暗雲をもたらすように思います。どんなに制度を変えても、最後に働き方の決定権を握るのは、その「働く人」です。残業代がなくてもこれだけ働いてきた教員です。改革にモヤモヤしている人たちをどうにかして巻き込んでいかないと、制度は骨抜きになり、実質的にはそれほど変化はなかった、という結論にもなりかねません。すでに「どうして変わってくれないんだろう」という焦りやイライラを感じてらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
また、ご存知のように現場が直面しているのは働き方の問題だけではありません。働き方の問題をきっかけにして、この仕事に対してシラけを感じ、モチベーション‘ダダ下がり…’の教員が増えてしまったり、働き方改革をきっかけに職場内に深い溝ができれば、それらの他の問題にとっても良いことはありません。
つまり、このままじゃ、誰も幸せにならないのではないかと思いました。

現状では、このギャップや溝をそのままにしたまま働き方改革の議論が進んでいるように思います。私の思いとしては、もうちょっと、違いは違いとして認識しながら、それでも一緒に考えながら、働き方の改善を進められないだろうか、ということを考えています。また、そのような形をとりながら、それでも効果的に実質的に進めるにはどうしたらいいのか、ということをずっと考え続けています。甘い、と思われるかも知れません。根強い文化を変えるには強引さが必要、と言われるかもしれません。でも、前述した通りこのギャップをそのままにすすめるのは、進めたい人にも進めたくない人にとっても不幸なように感じます。

では、どうするか。

僕は対話や議論、そして、そのきっかけになるデータの力を信じています。データが全ての答えを出すわけではありません。でも、データは、議論の土台になります。何も見えない中でこうするべきだ、ああするべきだ、というのは印象のみをもとに語られるので、議論が空中戦になりがちです。そして、そういった空中戦を避けるために、議論自体を避ける動きも生じてしまいがちです。
でも、データによる「見える化」を通した議論は、一定の共通認識をもちながら考えることが出来るので、地に足のついた議論が可能です。考え方の異なる人同士で何かを進めるには、こういった「土台」が必要ではないでしょうか。

私の思いとしては、願わくば、今回の書籍自体が、世の中におけるそういった対話のきっかけ、議論の土台になって欲しいと思っています。働き方改革を進めたい人、働き方改革にモヤモヤを感じている人、どちらにも読んでいただいて、それをもとに議論や対話をしていただけたらと願っています。

書籍の中では、ここで述べたことに関連する、「なぜ今働き方改革なのか」というテーマについて1章を割き、改革へのモヤモヤも含めて様々な視点から考えています。そのうえで、現状の教員の働き方について、そして、その改善をどうすすめていくか、という点について、どちらもデータをもとにしながら述べています。(データというと、小難しい感じに思われる方もいるかもしれません。でも、先程来のべてきたように、色んな人に見ていただきたいと思っており、分析も、その結果の表現も、分かりやすいシンプルな形にしています)
また、データ以外にも、教員の働き方を描いたストーリーや、働き方を変えていくための具体的な手法の紹介、そして、働き方に関して様々に発信してらっしゃる方々と中原先生との対談等もおさめています。

具体的な内容については、また改めて少しご紹介できればと思いますが、今回は、書籍を含めた今回のプロジェクトにかける私自身の思いについて紹介させていただきました。

最後になりますが、もう一度広報しておきます。

「データから考える 教師の働き方入門」 予約、開始しました!!!!!

「データから考える 教師の働き方入門」
辻和洋、町支大祐(編著)、中原淳(監修)

(クリックするとamazonに飛びます)

###

本プロジェクトでは、横浜市教育委員会の立田順一さん、柳澤尚利さ、外山英理さん、松原雅俊さん、根本勝弘さん、飯島靖敬さん、野口久美子さん、大学側は、中原先生、辻さん、飯村春薫さんと、ご一緒させていただいています。今後ともよろしくお願いします。

教育行政と現場と研究者と

働き方も含めて様々な問題で考えてきたことだけど、僕は、教育行政は教育に関する大事なプレイヤーの一人(一つ)だと思うし、そこにいるのは「人」だと思っている。だから、何かズレがあれば対話してすり合わせてなんとか協力すべき相手だと思っている。

もちろん、権限の大きさに非対称性はあるし、逆側のコミュニケーション(行政→教員)をもっとどうにかすべきだという声はもっともだし、制度に関する認識のズレや不満も分かる。だけど、プレイヤーだと思っているからこそ、その「ズレ」をどうにかするには、教員→行政のコミュニケーションは、罵詈雑言を突きつけたり嘲笑するのではなく、対話していくべきだと感じている。

教育行政を悪者にしておけばとりあえず溜飲は下がるのかもしれないけれど、それは何も解決しない。SNSでそういうものを吐き捨ててそれが共有されて「ピース」とかして気持ちいいかもしれんけれど、対話の可能性はどんどん失われていく。ストレス解消にはなるが、解決はどんどん先延ばしになっている。

もちろん、そういうものも全て受け止めて、、、という大きな懐を持つことも行政には求められるかもしれんけど、そこにいるのは「人」だしね。どこまでも、というのは厳しい。「人と人として」「プレイヤーとプレイヤーとして」語り合えることを目指したい。

昔、指導教員の勝野先生から「町支さんはずっと同じこだわりを持っている」といっていただいて、それが何なのかわからなかったけど、この「行政と現場の対話の可能性」だったんだな、と今思う。そこに貢献したい、という気持ち。学校開発政策コースに入りたいと思ったのもそこがあったんだろうと思うし、文教交流会に魅力を感じたのもそこ。そして、行政と関わりながら現場に向き合う研究をしているのも、そこを結ぶ橋渡しになりたいという思いからなんだと思う。

つぶやき 問題化フェーズから解決支援フェーズへ

何かに苦しんでいる、しかもそれが知られておらず、苦しみ続けている人がいる。そういう物事を「問題化」するのは非常に重要なことだと思う。でも、その手法が、誰かを槍玉にあげて燃やすことで注目させる形だと、どっかでガタがくる。

圧倒的悪者が存在するならそれでいいんだけど、そうじゃなければ、結局、その苦しんできた人自身に副作用が生じたり、別の人が苦しみはじめて、苦しむ人がすり替わっただけだったりするんじゃないか。たとえ何かが変わったとしても、当事者の中では単に「社会の流れ」に負けただけだという意識がつよまって、より意固地になるんじゃないか。もしそのスポットライトを当てた問題だけがその業界の唯一の問題であるのならば、それも場合によってはありかもしれないけど、そんなことはないわけで。

最初は問題化するうえで飲み込まなきゃいけない部分もあるんだろうけど、そればっかり先鋭化させるのではなくて、どこかで当事者をエンパワメントしたり、解決のための後押しをする方にいかないと、自己解決できないし、自己解決能力が高まらない。

(繰り返しになるけど)そうしないと、たとえそのスポットライトを当てた問題自体は一時的に消えたとしても、根本的な問題は残ったままになるし、むしろ余計に硬直的になる気がする。

ちょっとボヤっと書いたけど、そんな気持ち。

つぶやき:少なくとも僕はそっちの立場、つまり、解決支援の立場で研究をしたい。問題化は必要だと思うけど。