カテゴリー別アーカイブ: 自分

マルチタスクが苦手

現状,仕事がつめつめになって追い込まれております笑

そんなときブログ書くんじゃないという声が聞こえてきそうですが,

このハードな日々の中で思ったのは,自分はマルチタスクが苦手だ,ということです.

たくさん抱えるけど,結局,一つ一つしか処理できない(最悪やないか).

 

それをふまえると,スケジューリングとかもうちょい考え直さないといかんと思います.

 

以上,現実逃避ブログでした(この記事の執筆に要した時間 2分 まぁ許してくださいw)

 

「未来を語る高校」が生き残る―アクティブラーニング・ブームのその先へ

 

51beuamnoal._sx350_bo1204203200_

マナビラボから本が出ました。
村松さん・渡邊さん編著、中原先生監修、JCERI執筆協力です。
僕も一部執筆しています。

「未来を語る」というのがキーワードだと考えています。
僕のマナビラボの二年間で、村松さん・渡邉さん・田中さんから一番学んだことも、このキーワードに関連しているかもしれません。

「将来、世の中はこうなりますので、こういう力が必要なので、こういう教育をやっていきましょう」みたいな話があります。
私もよくします。
その変化に合わせて学校や教育が変わっていく
その側面も非常に重要です。

でも、それに加えて、もう一つ未来への関わり方があると思います。
高校生も学校も教員も社会の一員であるととらえるならば、未来はつくっていくものでもあるはずです。
「高校生も学校も教員も社会のプレイヤー」というのは、当たり前のようで忘れがちでもあると思います
最初に示した見方は、捉え方によっては高校生や学校を社会の外に置いて、社会の未来が勝手に決まっていくようにも見えるかもしれません。

未来を予測してそれにあわせていく。
それだけでなく、今そこにいて社会の一員として「どういう社会をつくっていくか」を語る。
「未来を語る」というのは、そういう意味を含んでいるのではないか。(と、解釈していますw)

以下、もろもろのリンク。
内容については中原先生のブログに詳しいです。

●amazon
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4761925442/

●中原先生のブログ
http://www.nakahara-lab.net/blog/archive/10351?fbclid=IwAR3r6GqaJ6W8bFZ-4wz47upEj59teoO_NZN953m07fXECRDxBRvvCh0iQxc

教育行政と現場と研究者と

働き方も含めて様々な問題で考えてきたことだけど、僕は、教育行政は教育に関する大事なプレイヤーの一人(一つ)だと思うし、そこにいるのは「人」だと思っている。だから、何かズレがあれば対話してすり合わせてなんとか協力すべき相手だと思っている。

もちろん、権限の大きさに非対称性はあるし、逆側のコミュニケーション(行政→教員)をもっとどうにかすべきだという声はもっともだし、制度に関する認識のズレや不満も分かる。だけど、プレイヤーだと思っているからこそ、その「ズレ」をどうにかするには、教員→行政のコミュニケーションは、罵詈雑言を突きつけたり嘲笑するのではなく、対話していくべきだと感じている。

教育行政を悪者にしておけばとりあえず溜飲は下がるのかもしれないけれど、それは何も解決しない。SNSでそういうものを吐き捨ててそれが共有されて「ピース」とかして気持ちいいかもしれんけれど、対話の可能性はどんどん失われていく。ストレス解消にはなるが、解決はどんどん先延ばしになっている。

もちろん、そういうものも全て受け止めて、、、という大きな懐を持つことも行政には求められるかもしれんけど、そこにいるのは「人」だしね。どこまでも、というのは厳しい。「人と人として」「プレイヤーとプレイヤーとして」語り合えることを目指したい。

昔、指導教員の勝野先生から「町支さんはずっと同じこだわりを持っている」といっていただいて、それが何なのかわからなかったけど、この「行政と現場の対話の可能性」だったんだな、と今思う。そこに貢献したい、という気持ち。学校開発政策コースに入りたいと思ったのもそこがあったんだろうと思うし、文教交流会に魅力を感じたのもそこ。そして、行政と関わりながら現場に向き合う研究をしているのも、そこを結ぶ橋渡しになりたいという思いからなんだと思う。

組織を対象に何かをやってる人の誤爆問題

最近、自分でやってしまった話。
学校組織に関する研究や実践をやっているなかで、色々な人の組織系の話を聞くことが多い。
そこで聞いたことを一般論としてSNSに書いたつもりだったのに、周りの人には僕が所属してる組織の問題として読めてしまう書きぶりになっていた。。。

つまり、組織が持つ一般的な課題を書いたつもりだったのに、僕が自組織について愚痴を言ったかのように読まれてしまった。
原因は、自分自身の言葉の丁寧さの不足、それのみ。
こういうことが起きうることをあらかじめ認識しておくべきだった。

反省。

相模原 経験の少ない教員養成のためのリフレクション

先日、都留文科大学の山辺さんと一緒に、相模原市の学校運営推進者研修に登壇した。
テーマは「経験の少ない教員養成のためのリフレクション」。

毎年、この時期に登壇して4年目になる。
同じテーマで同じメンバーで登壇しており、なんとなく定点観測ができる感じ。

山辺さんも僕も少しずつ立場が変わりながら、
そして、山辺さんも僕も少しずつ、不必要な力みが取れて、
ナチュラルな状態で登壇できるようになってきたと思う。

今回、改めて玉ねぎモデルの話を聞いて、「刺さる」なぁ、と思った。
参加してくださった皆様に、というのもあるが、「自分に」という意味でもある。
自分の使命(自分がこの世界に入る時に決意したこと)や、
強み(言葉にはしづらいw特にブログではw)なり、そういったものを大切にしながら、
でも、外圧もきちんと受け止めながら(←僕はここをカワして生きたくはない)
生きていきたい。

一緒に登壇しながら、改めて思った。

来年度も楽しみである。