カテゴリー別アーカイブ: 院生キャリア

「学びの場を一緒に作る」~静岡県の高校で未来予測のワークをしてきました~

先週,静岡県の高校で校内研修を行ってきました.
内容としては,ざっくり言うと,今の学校の「らしさ」を考えうえで,社会や地域等の変化もふまえて5年後について予測してみる,というワークです.
これから数年,学校教育には激動の時代が訪れようとしていますし,「まずいったん,自分たちがどういう状態なのか考えてみる,これからどんな変化が訪れそうかを当事者として考えてみる」.そんな機会を一緒につくりたいと思って研修を行いました.

ike2

レゴ使いつつ未来予測.

内容そのものもですが,今回は研修を作っていく過程がとても印象に残っています.
単に「●●をテーマに」といった形で依頼を受けたわけではなく,担当の先生と相談しながら作り上げました.
深夜に電話で,街のカフェで,時にはスカイプで...
担当の先生たちがどういう問題を感じているのか,他の先生たちにどういうことに目を向けてほしいと思っているのか,そういった事を聞き取りながら,ともにアイデアを出しながら作りました.

「担当の先生」と書きましたが,その方は,数年前に大学院で一緒だった先生です.
静岡県からの派遣研究生ということでうちのコースに来られていました.
当時から「やわらかい先生だな」とも思っていたし,どこかスマートで,男気もあって「この先生と一緒に働けている先生は幸せだろうな」と思っていました.
そんな気持ちをところどころで伝えていたこともあって,先生が現場に帰られてから数年たって,こうして「一緒に働ける」機会が作れました.

もう一人関わってくださった先生は,その「担当の先生」の役割を引き継いだ若い先生.
一緒にいたら溶けてしまうんじゃないかと思うくらい,キラキラしてて,前向きな先生.
その前向きさに感化されて,僕も「最後まで一生懸命考えたい」,「粘りたい」と思って研修を作りました.
実際に研修を行ったのはたった90分だったけど,そのプロセスまで含めると,間違いなく「一緒に仕事ができた」気がしています.

ike3

#御前崎に来たよ

さて,今回,いろいろとワークを詰め込んだこともあって,どこまで「刺さったか」と考えると反省も残ります.感想を見ても,おおむね良さそうなことを書いてくれていますが,なんとなく「浅い反応」,という気がします.
一緒に作ってきた先生からは,事後に,「今回の研修で考えたようなことを,これからも日常のなかで考えてほしいんだよね」という言葉をいただきました.やはりそこまでは掘れてはいない気がしますし,最初からその点をもう少し意識して立てば良かったように思います.

そういう意味でも,まだまだ磨きがいがありますし,これからもやっていきたいです.
また,今後も今回のような形で教育委員会や現場の方と関わっていけたらなと思います.

FBのプロフィール写真

FB_profile

これは、僕のFaceBookのプロフィール写真。
僕がつとめていた中学校の教室で撮ったものです。

この写真を撮った頃、僕にとっては大きなターニングポイントがおとずれていました。

中学校をやめて大学院に行く直前、たしか3月30日か31日に撮った写真です。新たな世界に対する期待と不安を感じている時期。
それから、これは、父が脳梗塞で倒れて数日後に撮った写真でもあります。自分自身が色んなものを背負って生きて行かねばならないと自覚した時期でもあります。

この日、そういった不安と覚悟と色々なものが混ざったドロドロの気持ちをかかえて学校に行ったのを覚えています。そのころ、家族は父の病気のことで動揺していたので、そういうドロドロを自分の内に溜めがちになっていて、誰かに話したいと思っていました。
学校について、当時の彼女(職場恋愛笑。そして今の奥さん。)を見つけ、そういう事情を彼女に話し、「今の自分を撮っておいてもらいたい」と思い、教室で撮ってもらった写真です。その存在の大きさを感じた日でもあります。

そんなような、思い出の写真です。
この写真の、笑っているわけでもない表情は、そういう状況をあらわしているんだと思います。

 研究の世界に来て、研究がうまくいっているわけではない(昨日も大きく凹みました)自分を振り返ると、本当にこの選択で良かったのかと迷うところもあります。
 が、まぁ、とりあえずなんとかここまでやってこれたのは周りの人に支えてもらってるからだなと心から思います。ありがとうございます。

これからもきっと「メゲそうでメゲない」感じのまま行くんだと思いますが(笑)、ちゃんと結果を出して、自分の足で立って、社会に関わっていけるようになりたいです。

ということでガンバろ。

自分のやりたいこと

自分のやりたいことを再確認したので,ここに書いておきたい.

===============

僕がやりたいのは,「仕組み作りから教員の力量形成を支援すること」である.

そのために,「①教員の力量形成とその要因・背景を分析すること」である.
その結果をもとに,「②政策提言」したり,「③研修開発」したりすることである.
研修に関して言えば,自分自身が「④講師をつとめる」ことも
そして,その政策や研修を「⑤評価」し,その「⑥効果を分析」し,「⑦改善を加える」ことである.

①⑤⑥は研究
②③⑦は研究者としての実践
④は実践者としての実践.

ただ,よく考えたら①→②③の関係と,⑤⑥→⑦の関係は同じ.
【調べて作る】
「⑤⑥→⑦」は,自分の作ったものについても検討するよ,という違いだけ.

より具体的に.
横浜メンターチームは①~⑦全部
川上先生との研究は,①→②③ ①中心
中田先生との研究は,①→③あたり.自治体単位でなく学校単位だけど.
中堂先生との研究は⑤⑥→⑦あたり.
レゴとかリフレクションとかは③④あたり.

教員養成課程で働きたいのも,この枠組みに乗るからだと思う.

プロフィール等,更新しました

町支です.

ここ1か月ぐらい,所属やらもろもろ変わったので,
 ・プロフィール
 ・業績
あたりを更新しました.

あわせて「お知らせ」も見ていただけると嬉しいです.

後ろへ前へ。

近々、東大生のキャリアについての本が出る。
本の趣旨はちょっと忘れてしまったんだけど、とにかく、たくさんの東大生?元東大生?のキャリアを紹介するという本だった気がする。
今回、その内の一人として自分のキャリアについて紹介する機会をえた。
東大の経済学部を出て、中学校教員になって、大学院に戻ってきて、研究の世界で走り出したところ・・・みたいな話。

その中には、指導教員である勝野先生のコメントもあって。
勝野先生は僕のことを「ブレない人」と評してくれた。
その言葉が僕は頭にのこっていて、その時は結構(かなり)嬉しかったんだけど、それ以来、僕の中の何がいったいどう「ブレてない」んだろうと気になっている。

ちょうど最近、岩瀬先生の「根っこ」に関するブログを読んでいて、僕の根っこってなんだっけって思いがあったのにも関わる。
また、先月の中原研のACCで自分の個人研究(異動研究)の話をしていて、そもそもなんでこの研究をやっているんだっけ、ってなことを考えたのも、関係しているかも。

僕の中では、勝野先生の言葉とむしろ逆で、ちょっとここ数年、ブレッブレだなと思っていたりする。
任期のない職、やりたいことをやれる職を得ることに躍起になっていつつも実現しておらず、結果、たぶんこの2年で50くらいの公募に落ちたりして(ま、そりゃ当然だ)、だいぶ自分の心が散らかっている気がする。笑
何が目的で何が手段だったのか。
そのへんが散らかっている。

おっと、自虐っぽくなってしまった笑

とはいえ、別に悲観的になっているわけではなく、グダグダ漂流しつつも、意味のない時間はなかったなと思っている。
それに、2017年度に向けて、結構、楽しみに思っている。
業務がかなり「自分のやりたいこと」に近づいてきたイメージ。
心にボッと火がついていて、やったろー的な気持ちです。

そんな風におもう2017年3月30日14時32分。