この本が気になっている

この本が気になっておる.

Teachers Leading Educational Reform: The Power of Professional Learning Communities (Teacher Quality and School Development)

Alma Harris / Michelle Jones / Jane B. Huffman 

414weejtqll-_sx331_bo1204203200_

amazonに飛びます

理由は幾つか.

一つは,PLCの最新の話を知りたいということ.

もう一つは日本のPLC論への疑問.日本のPLC論は授業研究や校内研究に偏っている気がする.もう少し広い概念じゃないかと思う.

もう一つは,Teachers Leading Educational Reformというタイトル.最近,スクールリーダーの話をすることが多くて,自分の中に「ほんとにそうかな」が沸きつつある.Educational Reformの主役はTeachers,という話を読みたい.(本当にそういう話かは分からないw)

翻訳の可能性を含めて読んでみたい気がする.(面白ければ,そして,出させてもらえるなら)

 

 

 

ケースメソッド。

今日は麹町でケースメソッドの研修。9.00-18.00ということで、一日ファシり続けて明日のジョーのように真っ白になりました。帰りはiPadとパソコンを会場に置いたまま懇親会にいってしまって、脳みそ豆腐状態でした。

 

(マナビラボフェイスブックより。)

一年前からケースメソッドの勉強をして、なんとか人に体験してもらえるところまで来ました。実はリフレクションでもそこに注目してるなぁと今日の帰りに思ったりしたんですけど、ケースを通じても、「自分を再発見する」というところにフォーカスしているような気がしています。これは、最初にケースの勉強をしはじめたときに感じた可能性とずっと続いてるかもしれません。新しい自分を認識することで明日からの新しい挑戦につながるのかも、と思っています(ちょっと盛り気味)。

アクティブラーニングとか主体的云々のような話が出てきて、広大接続改革の話もあって、マナビの改革は枠組みとしては進むようになったけど、まだまだ全体としては動きは限定的かもしれません。経営学部から教員になりたいと思ったときから、「人が幸せをつかむために力をつけること」のお手伝いをしたいと思ってきましたし、それは学校現場にいて直接かかわってきた時もそうですし、研究者のキャリアでもまったく同じです。色々と問題はあるかもしれないけど、今の教育改革の全体的な方向性としては今の流れは間違ってないように思います。
上に書いたような力をつけられるような教育、ちょっとまるっと表現しますけど、それは主体的に自分らしく生きる力をつける教育であり、それが出来る教員が増えることに貢献していきたい(教師教育)ですし、そういう教員の取り組みがより効果的に持続的に行われる学校であってほしい(教育経営、学校づくり、カリマネ)し、そこに貢献したいです。学校にとって、特に高校にとって組織としてなにかをするのは苦手なんだけど、うえに書いたような教育を、地に足つけて動かしていくような学校づくりに、貢献していきたいです。

今日はまだ通過点というか、スタートラインに立つために、「おんにゅあまーく」と言われて動き出したくらいの段階です。毎度のことながら、中原先生の話やファシリテーションはすごいなと思い、自分はなんだかうわすべりする話もしてしまったなと思うし、できてないことはたくさんあるなと痛感するけど、自分がなんでこの日々の取り組みに情熱を感じられるのか、その意味付けを改めて感じた日でもありました。
この場に立たせてくれた先生や、この場をつくるために関わってくださった方々、そして何より、参加してくださったかたがたに感謝です。

…なんだか、なにかを成し遂げた人の言葉みたいですが、まだ何もしてません。とりあえず今日はおやすみなさい、とか言いそうですが、今日締め切りの記事投稿がまだ終わってないので、おやすまずにいこうと思います。

ずいぶん間があいてしまいました

ずいぶん間があいてしまいました.

この間,色々とありましたw

しかし,とりあえず「間があいてしまった」ということを報告しておこうと思います.

では.

「学びの場を一緒に作る」~静岡県の高校で未来予測のワークをしてきました~

先週,静岡県の高校で校内研修を行ってきました.
内容としては,ざっくり言うと,今の学校の「らしさ」を考えうえで,社会や地域等の変化もふまえて5年後について予測してみる,というワークです.
これから数年,学校教育には激動の時代が訪れようとしていますし,「まずいったん,自分たちがどういう状態なのか考えてみる,これからどんな変化が訪れそうかを当事者として考えてみる」.そんな機会を一緒につくりたいと思って研修を行いました.

ike2

レゴ使いつつ未来予測.

内容そのものもですが,今回は研修を作っていく過程がとても印象に残っています.
単に「●●をテーマに」といった形で依頼を受けたわけではなく,担当の先生と相談しながら作り上げました.
深夜に電話で,街のカフェで,時にはスカイプで...
担当の先生たちがどういう問題を感じているのか,他の先生たちにどういうことに目を向けてほしいと思っているのか,そういった事を聞き取りながら,ともにアイデアを出しながら作りました.

「担当の先生」と書きましたが,その方は,数年前に大学院で一緒だった先生です.
静岡県からの派遣研究生ということでうちのコースに来られていました.
当時から「やわらかい先生だな」とも思っていたし,どこかスマートで,男気もあって「この先生と一緒に働けている先生は幸せだろうな」と思っていました.
そんな気持ちをところどころで伝えていたこともあって,先生が現場に帰られてから数年たって,こうして「一緒に働ける」機会が作れました.

もう一人関わってくださった先生は,その「担当の先生」の役割を引き継いだ若い先生.
一緒にいたら溶けてしまうんじゃないかと思うくらい,キラキラしてて,前向きな先生.
その前向きさに感化されて,僕も「最後まで一生懸命考えたい」,「粘りたい」と思って研修を作りました.
実際に研修を行ったのはたった90分だったけど,そのプロセスまで含めると,間違いなく「一緒に仕事ができた」気がしています.

ike3

#御前崎に来たよ

さて,今回,いろいろとワークを詰め込んだこともあって,どこまで「刺さったか」と考えると反省も残ります.感想を見ても,おおむね良さそうなことを書いてくれていますが,なんとなく「浅い反応」,という気がします.
一緒に作ってきた先生からは,事後に,「今回の研修で考えたようなことを,これからも日常のなかで考えてほしいんだよね」という言葉をいただきました.やはりそこまでは掘れてはいない気がしますし,最初からその点をもう少し意識して立てば良かったように思います.

そういう意味でも,まだまだ磨きがいがありますし,これからもやっていきたいです.
また,今後も今回のような形で教育委員会や現場の方と関わっていけたらなと思います.

良い学校組織とは? ~~教科書を読み返してみようシリーズ②佐古ら(2011)『学校づくりの組織論』

「組織」として学校をとらえることは、かつて忌み嫌われたこともある。その理由のひとつは、組織の一員として教員をとらえた場合、教員の自律性が損なわれると考えられたためだ。

職階制の導入などが同時に進められたため、そういう縦の統制的な側面が強く意識された時期もある。今でもそういう側面があることは否定されないが、近年は組織として学校をとらえることは基本的に受け入れられている(と思う。)


追記:↑この点には学校段階によってかなりの違いがある気がする。高校は相対的に見て「個」として動く場面が多いかも。

gi01a201502280600

背景には、学校を取り巻く状況が複雑になりすぎて、一人では対処できない問題が増えていることもあるかもしれない。

そもそも論から言えば、組織の成立条件は‘’共通目的と貢献意欲とコミュニケーション‘’であって、程度の差はあっても教員集団がこれらを持たないなんつーことはあまりないんじゃなかろうか。

いずれにせよ、学校を組織としてとらえること自体に異論がはさまれることは、ほとんどなくなった。

いま学校づくり関連の業務を担当していることもあって、改めて学校組織論について学んでいる。

学校組織論の目的は基本的には「よい組織」を目指すことだと思うけれど、そうすると当然想起されるのは「どのような組織がよい組織か」である。

居酒屋トーク的に言えば「そんなもんイロイロだろ」なハナシ。どういう状況下にある学校か、どんな目的を持った学校か、による。
究極的には「子どもが育ってるかどうか」で考えればよい(「育つ」の意味は多様だとしても)ようにも思えるけど、昨今の教員の労働環境の問題も考えると、複雑だ。
例えば、子どもはバンバン育つけど、「子どものため」意識が強すぎて教員がすぐ燃え尽きる。が、リソースが豊富なので、かわりの優秀な教員がすぐ雇えて、引き継ぎもバッチリで子どもは育ち続ける…‘’という学校があったとして、それを「よい学校組織」と言っていいかは微妙だと思う。

つまり子どもが育ってさえいればよいというのは単純すぎるのかもしれない。「どんな組織がよい組織か」は簡単には定められないんじゃないだろか。

この問いは、実践的な関心だけでなく、研究的な関心にも深く結びついている。
端的に言うと、組織に関する研究をしたときに、従属変数を何にするか、という話とつながっている。

これ系の話でよく引き合いに出されるのは、「効果のある学校」研究。

「子どもの育ちは、結局社会経済的状況次第で、学校は無力」という考えを批判的にとらえ、「必ずしもそうではない。社会経済的状況を乗り越える学校はある」という考えのもと、そういう学校の特徴をさぐったという研究。

ただ、この「効果のある学校」研究で従属変数になっていたのが学業達成だったため、それにたいする批判的検討が行われた。つまり、「学校組織が目指すのは学力向上だけじゃないだろ」ということ。「学力があがる学校だけを評価するのはどうなん」、と。

そしてそれらが、「そもそもよい学校組織ってなんなんだろ」論につながる、というわけだ。

確かに映画「みんなの学校」に出てきたような学校は、もちろん学力的な効果もあるだろうけど、あの大空小学校の学校組織がよい組織かどうか考えるのに、「学業達成」だけで見てたら捉えきれないというのはよく分かる。

もっと多様な効果があるだろうし、分析するなら多様な変数が必要だろう。

少し回り道をしたが、改めて考えると、「よい学校組織」ってなんだろか。

ここまで出した話のなかでも、「子どもの育ちを考えても学力だけではないし、そもそもこども以外も見ないとね」と考えられる。

さらに言えば、「こども以外」と言ったときにはまず第一に想定されるのは教員だろうし、あるいは事務職の方や技術員さん、スクールソーシャルワーカーさんなども考えられる。

けど、よく考えれば「よい学校組織」を子どもやら教員などの「ナカの人」だけで考えるのもどうなのよ、とも言える。もっと社会全体にとってどうなのかも考えるべきじゃない?というのは当然あり得る指摘だろうと思う。

とか考えると、人生イロイロ、学校組織もイロイロ、多様な多様性でタヨタヨチーン、、、とか頭が混乱してしまいそうであるが、そんなときに指針になるのが、これまでアカデミックに蓄積されてきた「学校の有効性」モデルである。

学校の有効性モデル論において「良い」と示されているものは、ザッッッッッッッッックリ言うと以下のような学校組織。

<1>目標達成できる学校組織

何を良しとしていいのかさ、分かんないからさ、自分達のたてた目標を達成できるような学校組織がいいんじゃない?

<2>内部の状態が良い学校組織

文化とか、リーダーシップとかコミュニケーションとかさ、組織の内部の状態こそ大事じゃない?

<3>問題のない組織

困難、弱み、トラブルがないことって、大事よね?

<4>リソースやインプットを得られる学校組織

いい生徒を獲得できるとかさ、研究指定えられるとかさ、そこ次第なとこあるよね。

<5>関係者にとって「よい」学校組織

生徒、保護者、教師、管理職や教委とかにとって「良い学校」って感じられることが大事よね。

<6>世の中から見て「よい」学校組織

関係者だけじゃなくてさ、社会から見て「良い」と認められなきゃね。

<7>継続的に改善できる学校組織

外部の変化に対応できたり、組織的な改善ができる学校こそ、いい組織よね。

…という感じ。

もちろん互いに重複はあったりするし、どれかさえ満たせばいいって話じゃない。

とりあえず全部の軸で自組織を評価してみる、とかやってみるといいのかも。

1.目標は達成できてんの?
2.組織内部はどうなん?
3.問題はない?
4.リソースやインプットは十分ゲットできてんの?
5.関係者にとっての満足度はどうなん?
6.世の中的に見てもイイネって思ってもらえるんかな?
7.周りの変化にちゃんと対応できてるん?

とかね。
も少し具体化しないと難しいか。
でも、これって一つの軸で考えるばっかじゃ視野狭くなるよね、とか他に目をむけるきっかけになるかも。

あと、合わせて考えたいのは、その軸が機能しうる「条件」みたいなものもあるということ。
例えば、1は目標が明確でないと意味をなさないし、2は内部とアウトカムの関係が明確な場合に有用。3は他の軸が有効であれば優先度は低くなりうる。。。

そういう意味では、「どの軸で″良さ″を捉えることが有効か」を考えること自体が、「自組織の文脈を振り返り、整理する」ことにつながり、有効かもなぁ。。。

そういうワークショップもやってみたい気がする。

なんてね。

…そんなことを考えていた北海道からの帰り道。
離着陸、上昇降下のあいだって暇ですよね。
無事羽田について、今から羽田大勝軒。

20170903_125333

今回書いた「学校の有効性に関する諸モデル」やそれらの「有用性の条件」については、佐古・曽余田・武井(2011)『学校づくりの組織論』の13頁ぐらいから書かれてます。

詳しくは(正しくは?笑)そちらをご参照ください。

では。